第1回 商人と官僚

今では信じられない お話ですが、東洋でも西洋でも、昔であるほど、物品取引をする『商人 / 商業』賤視する事があったといいます。


━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━


紀元前もの昔、甲骨文字を用いる占い国家・殷 (商) という国が、中国の中原 (ちゅうげん / 河南省辺り) 域を支配していました。殷 (いん) または商 (しょう) ・ 殷商とも。https://ja.m.wikipedia./殷 (商)

ひらめき電球 十二支の起源も占い国家・殷 (商) の時代から云われています。

https://ja.m.wikipedia./中原

その西方には「」という『殷 (商) 』に従属する国があった。後ほど、「周」は『殷 (商) 』を亡ぼし、中国の中原域を支配するようになります。

ご迷惑をおかけします 中国王朝は ご迷惑をおかけします
王朝交替 (政権交代) が起きると、これまでの人事を一掃する事もあったといい、西方出身の「 (新政権) 」が中国の中原を支配するようになると ⇔ これまで中原を支配していた『殷 (商 / 旧政権) 』を追いやります。

職を失った『殷 (商 / 旧政権) 』の人々は、当時は卑しい職業とされた商業 (物品取引業) をするようになり、各国を転々したという。

各国を転々する殷 (商) 出身の物品取引業者を『商人』と蔑称した事が「商人の語源」という説もあるようです。https://ja.m.wikipedia./商人

注意ー*→

俗説とも云われていますが、当時もその後も蔑称の意味合いで物品取引業者を『商人』と呼称していた事はあったようです。

河南省安陽市に殷 (商) の首都とも、


ー!?→

(・・! 気になる お話?!
かつては中央政治を行っていた商人たちは、官僚的な政治ノウハウや中央的な『言葉』も供えていたと云われています。

中央的な言葉や政治ノウハウは、各国を転々とする物品取引業においても、役立つ物です。

その後も、異民族による王朝交替 (政権交代) が起きる度、「もと官僚」『いま商人』という関係が続いたとも云われています。




ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー


7世紀 / 東方アジアは てんびん座 中央アジアはササン朝 (ペルシア帝国) の時代 ~『商人 / 商業』を肯定するイスラム教が誕生し、東洋にも西洋にも、商業ネットワークに激的な変化が起きていたようです。

  ⇔  7世紀前半まで、
胡人 ≒ 西域の商人 →  主にペルシア系ソグド商人が東西交易路で活躍していた云われています。

もともとシルクロードの東西交易地・中央アジア方面には、ペルシア由来のミトラ信仰、あるいはミトラ信仰から派生した三夷教 (東方ミトラス教) の信仰を持つ商人が多くいましたが、新興宗教・イスラム教では、当時は卑しい職業と見られていた『商業』を肯定していたので、しだいに中央アジア方面もイスラム化 → ムスリム商人 (イスラム教の商人) の拡大にも通じて行きます → 


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

ー 7世紀の中央アジア ー
ササン朝
 (ペルシア帝国) は、ゾロアスター教 を国教としていたが、西洋文明と東洋文明の交差点とし発展 ため、前半は他宗教に対する弾圧はなかったようです。そんな中、世界宗教を総合したような マニ教 が誕生していました。

マニ教 は西洋と東洋の宗教観を持ち、西洋的な洗礼の儀式を行う一方 ⇔ インド由来の仏教思想から一日一食の菜食主義で週に1度は断食を行うなどの禁欲性を持っていたようです。

マニ教 は西洋と東洋の色を持つと同時に、水面下で活動する『秘密結社』の役割を持ち、前半と後半とで異なる特徴を持っていました。

7世紀のアラビア半島では、
「西洋的 (ユダヤ教とキリスト教) 」+『東洋的 (仏教) 』てんびん座「2色』を合わせ持つ「マニ教』から「イスラム教』にも発展したとも云われています。

(・・; しかし ;  マニ教 はイスラム教からも『弾圧』されて行きます。

ササン朝 (ペルシア帝国) は ゾロアスター教を国教とし てんびん座 水面下では マニ教 も流行。

しだいに、ペルシア色の強かった ゾロアスター教 は中央アジアから姿を消し ⇔ 東洋と西洋の「2色』を合わせ持つ「マニ教』は引き続き → 

水面下の秘密結社として息を潜めたと云われています →


ー (・・? ー?→

気になる お話?
ゾロアスター教マニ教の本家本元であったペルシア地域も、しだいに、イスラム化して行くのですが、イスラム教は 武力のみ で商人たちの『これまでの信仰心』を変化させる事ができたのか? 

ー!→

(・・! また!中央アジアのみならづ !?

目 よく見てみると 目

イベリア半島 (スペインやポルトガル方面) も、一時期、イスラム化していました!?

イスラム教は『商人 / 商業』を肯定する宗教であった事も手伝い てんびん座 イスラム法の計算式やアラビア語、アラビア数字 (0123) など。E欧に伝来した物が結構あると云われています。

ー?→

(・・? はたして?
イスラム教は中央アジアやアフリカ・イベリア半島など。 武力のみ で商人たちの『これまでの信仰心』を変化させる事ができたのか? という疑問が生まれて来ました。

ご迷惑をおかけします 一説によると ご迷惑をおかけします
「西洋的 (ユダヤ教とキリスト教) 」+『東洋的 (仏教) 』てんびん座「2色』を合わせ持つ「マニ教』から「イスラム教』にも進展した? とも云われています。

白衣白冠の正装など。

イスラム教とマニ教 てんびん座 類似点が多数見られるとも云われています。https://ja.m.wikipedia./マニ教




ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー


の都・長安を出発した三蔵法師・玄奘は、旅の始めに 仏教国・高昌国 (トルファン) を訪れています。

高昌国 (トルファン) は仏教国で、国王・麹文泰 (きくぶんたい) は、同国を訪れた三蔵法師・玄奘を厚くもてなし、旅を助けるために従者を付け、馬や旅費を寄進すると同時に、通過する国への紹介状などを持たせてくれたと云われています。

ー?→

 ー 高昌国について ー
高昌国の住民はイラン系であったが、支配階級が漢人であったため、中国の文化が行われた。 640年に唐は高昌国を滅ぼし直轄領としたが,その後この地方はウイグル (回鶻) 族の勢力下に入った。西域交通の北路にあたったため,仏教も早くから伝わって一中心地となり、仏像やサンスクリット語,胡語 (西域の諸言語) の経典が,19世紀以降の探検により発見されている。https://kotobank.jp/word/高昌国

ー?→

(・・? 仏教国・高昌国 (トルファン) は回鶻 (ウイグル)の勢力下に入った?

ご迷惑をおかけします回鶻 (ウイグル) は ご迷惑をおかけします
民族的にはテュルク系だけど てんびん座 政治的にはペルシア系ソグド商人たちが普及させた官僚ノウハウを供えていたとも云われています。

テュルク系回鶻 (かいこつ) は、ペルシア由来のマニ教を国教としていました。


マニ教の開祖は、ペルシア人のマニで、唐でも、ペルシア由来のゾロアスター教 と仏教の弥勒信仰を合わせて 明 (マニ / 摩尼) 教 が作られました。

当初は、マニ教を国教としていたテュルク系回鶻 (かいこつ / ウイグル) ですが、後ほど → イスラム化し → 中国では、回鶻 (ウイグル) のイスラム教徒を回教徒と呼ぶようになったといいます。

ー?→

マニ文字は ほぼ アラム文字で、ペルシア系ソグド商人が東方に伝播させた。云われています。

アラム文字は てんびん座 西へフェニキア文字 てんびん座 東へソグド文字 てんびん座 南へアラビア文字。へと進展して行ったといいます。

東方へは → ソグド文字 → ウイグル文字 → モンゴル文字 → 満州文字ペルシア系ソグド商人が東方に伝播させた。云われています。

  ⇔  7世紀前半まで、胡人 ≒ 西域の商人 →  主にペルシア系ソグド商人が東西交易路で活躍していた云われています。

ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
高昌国の住民はイラン系であったが、支配階級が漢人であったため、中国の文化が行われた。 640年に唐は高昌国を滅ぼし直轄領としたが,その後この地方はウイグル (回鶻) 族の勢力下に入った。https://kotobank.jp/word/高昌国

回鶻 (ウイグル) は民族的にはテュルク系だけど てんびん座 政治的にはペルシア系ソグド商人たちが普及させた官僚ノウハウを供えていたとも云われています。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

(・・? 東洋でも西洋でも?
7世紀ころ ~ 水面下の秘密結社が、東洋的で西洋的 てんびん座 各おの宗教の中に隠れ、商人「色」と官僚『色』の「2色 』の鍵 (カギ) を持っていたように思えて来ました。

―→



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です