ニーブいカーブい

(・・; どうやら;
前回のブログ誤記載してしまったようです。


ご迷惑をおかけします 誤部分 ご迷惑をおかけします
ユリ科のクワンソウ (ニーブい草) は秋にオレンジの花を咲かせるため チューリップオレンジ またの名は「秋の忘れな草」とも呼ばれています。

秋の忘れな草」← ✕
秋の忘れ草』← ◎

━ (・・? ━?→

目 net で調べると サーチ
ムラサキ科・ワスレナグサ
ユリ科・ワスレグサ
↑ともに春に咲く花

忘れな草」⇔『忘れ草てんびん座  名前は似ているけど180℃ 語源が異なるといいます。

━?→

私の事を忘れないで、
* not 文
   ⇔
心配事や悲しみを忘れて。
*肯定文




ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


忘れな草」エピソードは、
ある日、ドイツで2人の男女が川沿いに咲いていた青紫の花を見つけました。男性が恋人 (女性) にプレゼントするため青紫の花を摘もうとしたところ、その男性は足を滑らせて川に流されてしまったという。

その方は恋人に向かって →
「Vergiss mein nicht (私の事を忘れないで) 」と叫びながら川に流されてしまった。それ以来、青紫の花はワスレナグサと呼ばれるように。
*独,Vergiss mein nicht → 
  英,Foget me not (私の事を忘れないで

Foget me not (尾崎豊) や 千曲川 (五木ひろし) という曲に「忘れな草」が歌われている。との事。

 ⇔ その一方、

忘れ草』エピソードは、
万葉集にたくさん詠まれ、当時は『萱草 (くわんざう= 忘れ草』として親しまれていたようです。

忘れ草 (=萱草 / くわんざう) 
我が紐に付く 
香具山の
古りにし里を 
忘れむがため
❬大伴旅人❫

竹。。

我がやどは 
甍しだ草 
生ひたれど
忘れ草 (=萱草 / くわんざう) 
見るにいまだ生ひず 
 ❬柿本人麻呂❫
自分の家の屋根にはイネ科の萱草 (かやくさ) は生えて来るけど ⇔ 恋を忘れさせてくれるユリ科の萱草 (カンゾウ / くわんざう) はまだ生えて来ない。

━ (・・? ━ ? →

イネ科の萱草 (かやくさ) 、
ユリ科の萱草 (カンゾウ / くわんざう) 。

萱 (かや / 茅) →
「萱」とも書くが、この字の本来の意味は「ワスレグサ」であり、「かや」と訓ずるのは国訓である[5]。元来は『和名抄』や『名義抄』で「萓」(下が亘でなく且)と書かれていたのだが、誤って「萱」となった[3]。



萱草 (くわんざう) → クワンソウ (ニーブい草) ?
忘れ草 (=萱草 / くわんざう) は、古代の日本ではよく知られていたようです。

━;→

(・・; どうやら;
前回のブログ誤記載してしまったのは、クワンソウ (ニーブい草) の作用によつて 流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ していたから。思います。

━ 流れ星 ━ ぐぅぐぅ ━?→

流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ とは?
流れ星 こっくりコックリ ぐぅぐぅ と、頭 (カブを揺らす様子を意味する沖縄方言です。
*うとうと眠い状態

「眠い (ねむい) 」の古語は『眠い (ネブイ) 』、
頭の古語は蕪 (カブ)  、円 (ツブ) 、など。

昔の日本語では、
頭全体を『蕪 (カブ) / 円 (ツブ』、頭頂部の事を「天玉 (アマタ) 」と呼んでいたようです。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


クワンソウ (ニーブい草) を食して 流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ という表現は、今の日本では沖縄方面で通じますが、昔の日本では大阪方面で通じた言葉であるようです。

忘れ草 (=萱草 / くわんざう) を食して
眠い (ネブイ頭 (カブ) い → 
 流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ 

━ ひらめき電球 →

内容は飛んでしまいますが !?
古語ではの事を『蕪 (カブ) / 円 (ツブ』と呼んでいたようです。
蕪 (カブ) → かうべ → 頭 (コウベ) 、
円 (ツブ) → つむり → 頭 (チブル) 。
など。転じたと云われています。

━ (・・? ━ ? →

円谷 (つぶらや)プロダクションが製作したウルトラマンには、頭脳 (チブル) 星人という怪獣が登場します。

詳しくは解りませんが、頭脳 (チブル) 星人の発案者は沖縄の金城さんで、沖縄方言では「頭 (あたま) 」の事を『頭 (チブル) 』と言います。

また、
円 (つぶらと 頭 (チブル) の語源は似ており、
頭 = 円 (ツブ) → つむり → 頭 (チブル) に転じた ひらめき電球 思われます。



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



古語ではの事を『蕪 (カブ) / 円 (ツブ』と呼び、万葉集では萱草 (くわんざう) は「忘憂草」→「憂いを忘れさせる草」と詠まれているようです。

憂い (心配事?) を忘れる → 眠れる?!

虹  チューリップ黄  チューリップ赤  チューリップ紫  チューリップピンク  チューリップオレンジ  コスモス  ハチ

忘れ草 (=萱草 / くわんざう) を食して
眠い (ネブイ頭 (カブ) い → 
 流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ 

━ 流れ星 ━ ぐぅぐぅ ━?→

流れ星 ニーブいカーブい ぐぅぐぅ とは?
眠くなって、頭 =『蕪 (カブ) / 円 (ツブ』をユラユラさせる様子の事です。


竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です