似ている お話

昔んかし、
浦添村の伊祖 (イズ / いそ) に『恵祖世主 (ヱスぬユぬヌシ) 』と呼ばれた男が住んでいました。
*エ (え) → ヱ (ぃえ / ゑ) 、祖 (ソ) の沖縄音は祖 (ズ) です。

『恵祖世主 (ヱスぬユぬヌシ) 』と呼ばれた男は、高齢にて結婚し「刀自 (とぅじ / 妻) 」といっしょに浦添村の伊祖でひっそりと暮らしていました。

二人はずっと子供が欲しいと思っていましたが、なかなか子宝に恵まれません。

ある日 晴れ 刀自 (とぅじ / 妻) は太陽の日射しを避けるため やしの木 木陰で休憩 (なかゆくい) をしているうち  ぐぅぐぅ  眠気に誘われ  ぐぅぐぅ  眠りにつきました。
しだいに 晴れ 天日 (テダ / 太陽) の日射しが木陰まで伸びて来て →
刀自 (とぅじ / 妻) の陰部を射しました。

すると!?

たちまち、お腹が温かく膨らみ、玉のやうな天日子 (てだこ / 太陽の子) が生まれてきました。
その後、熱い あせる と思い、
刀自は目を覚ましました!?


残念ながらそれは、夢でした。
ところが、その夢を見た後、刀自 (とぅじ) は本当に妊娠して待望の子が生まれてきました。そして、その子の名前を『英祖 (イーズ) 』と名付けました。
*1229年、鎌倉時代お話です。


英祖』が生まれたのが浦添村の『伊祖』で、父親の名前はわかりませんが、回りからは『恵祖世主 (ヱスぬユぬヌシ) 』と呼ばれていました。伊祖 (イズ) の恵祖 (ヱス) に英祖 (イーズ) 、世襲制の時代でありましたから、似たような名前をつけたと思われます。

英祖は天日 (テダ / 太陽) 
の夢を見て生まれてきたので『天日子 (てだこ) 』と呼ばれ、すくすくと成長しました。




ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



浦添村仲間には、浦添城という中山国の王が住む城 (グスク) がありました。


ー・→

1237年 中山国 (浦添城) の舜天王が亡くなる。

舜天王の子・舜馬順熙 (すんまズンキ) が53歳の高齢にして王位につくも、わずか10年という短期間で終わる。そして、舜馬順熙の子・義本王が誕生しました。しかしその時代は、未曾有 (みぞう) の大飢饉があり、疫病が大流行して『人民半ば失ふ』というありさまでありました。

舜天王統の3代・義本王は、臣下 (しんか) の前で問いました。

『これは、予 (わたし) に徳がなく、天が見放したのである。この上は、王位を『有徳ある者』に譲り、予は退こうぞ。皆 (みな) の者、『有徳ある者』の名前を挙げよ』‥と、臣下に告げました。

⇔ 臣下らは皆、恵祖世主の嫡子・英祖こそ『有徳ある者』と答えました。

そこで、舜天王統の3代目・義本王は、同じく浦添村の伊祖に住んでいた恵祖世主の子 →『英祖』に王位をゆずりました。

義本王の在位は11年、ここに舜天王統は3代で終焉 ⇔ 英祖王統 (5代 / 90年) が開かれる事になりました。

中山国 (後の琉球国) の王統は、

舜天王統 (3代) → 英祖王統 (5代) → 察度王統 (2代) → 第一尚氏王統 (7代) → 第二尚氏王統 (19代) へと続きました。
* 舜天王統 ~ 察度王統まで「浦添城 (古琉球) 」⇔  第一尚氏王統  ~『首里城 (近世琉球) 』になっています。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


琉球史の始まり」は『おとぎ話』のようになっておりますが、そうした『おとぎ話』とも思える伝承の中にも真実が隠れていたり。また、そうした伝承にも『暗号』のような物が含まれているとも云われています。

ご迷惑をおかけします 上記の内容は ご迷惑をおかけします
東アジア各国に見られる感生伝説という物で、内容は異なるけど、類似お話、建国神話のようになっているようです。
https://ja.m.wikipedia./感生伝説

日本では、
但馬国出石町の「天日矛 (あめノひボコ) 」伝承が『天日子 (てだこ / 太陽の子) 』伝承の内容と似ているように思います。

ー ひらめき電球 →

天日矛 (あめノひボコ) は新羅の王子 (渡来人) 『金 (カニ / 鉄類) 』に縁があるとも云われています。


新羅の首都は金城 (クムスン / 慶州) !?


新羅は古来より「仏教王国」であると同時に『金 (カニ / 鉄類) 』の産出地として知られ、新羅系の製鉄技術者は日本で『鉄の民』と呼ばれ。また、「新羅 (シルラ / しらぎ) 」となる前は『斯羅 (シル / しろ) 』と国称していたので、日本でも、白国、白山、白髭などが縁ある名前と云われています。

またまた、
新羅の前身は「辰韓 (秦韓) 」で、秦氏と呼ばれた人々の拠点でもありました。

ー?→

(・・? 秦氏いうと?
古文献等では「絹や酒」にまつわる伝承が多く見られますが、数でいうと、秦氏『金 (カニ / 鉄類) 』に関する『鉄の民』と非常に縁深いという説もあります。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


「絹や酒」秦氏は山城国 てんびん座
『金 (カニ / 鉄類) 』秦氏は播磨国に縁があり、播磨国姫路市にある白国社や白山社も『そう』と云われています。

また、新羅の王子・天日矛 (あめノひボコ) 来日以前には、出雲国が『金 (カニ / 鉄類) 』の供給地となっており、旧タイプの秦氏 ⇔ 新タイプの秦氏? そうした伝承も見られるため、秦氏は時間差で来日した渡来人技術者の総称に思われます。

ー ひらめき電球 →

『金 (カニ / 鉄類) 』に関する秦氏に光 (スポ) ットすると!?

目『但馬国・播磨国・出雲国』3国が見えて来ると思います 目

中国の晋陽は播磨国姫路市、
韓国の晋陽は出雲国松江市、
金城 (慶州) は但馬国出石町。
姉妹都市になっています。

ご迷惑をおかけします 端的にいうと? ご迷惑をおかけします
その昔、中国大陸に (シン) という国がありました。後ほどは、領土を魏氏の国・趙氏の国・韓氏の国 → 3国に分裂してしまいます。
https://ja.m.wikipedia./晋陽の戦い

 (シン) 国は「魏・趙・」という『3国』に分裂。

後ほど →

西方の (しん) の国が隣国の  → 魏 → 趙 ← もと (シン) の国を次つぎと亡ぼします。
」に亡ぼされた『韓』ほかもと (シン) の国) 』の1部人々は、朝鮮半島や日本列島に亡命したとも云われています。


         ー↓ー↓ー

後ほど「」は『』に滅ぼされます。

ご迷惑をおかけします そのとき ご迷惑をおかけします
の1部人々は、朝鮮半島の南 → 辰韓や弁韓・倭国に亡命。中でも、辰韓 (別名・秦韓) や弁韓にの人々が多く移り住んだ。云われています。


「辰韓 (秦韓) 」は『新羅』の前身 ひらめき電球



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



古代日本には、
「政治」の権力社と『祭祀 (経済) の権力社 てんびん座 2社あり、主に漢 (アヤ) 氏や百済系漢人は「政治」⇔  秦 (ハタ) 氏や新羅系秦人が『祭祀 (経済) 』を担当。漢氏 (政治族) と秦氏 (祭祀族) は同時期に日本に渡来しています。

秦氏と漢氏が渡来した時期 (5世紀末) の朝鮮半島には伽耶 (カヤ / 加羅) という小国家群があり、

秦 (ハタ) 氏伽耶 (カヤ / 加羅) の中の金官伽耶 (金海加羅) 国」てんびん座  漢 (アヤ) 氏安羅 国」を拠点としていたようです。
伽耶新羅に吸収されます。


(・・? どうやら?

「狗邪韓国」が伽耶国の中の金官伽耶 (金海加羅) 国」に当てはまり、後の秦氏と呼ばれた技術者 (渡来人) 源泉で『金 (カニ / 鉄類) 』に縁があるとも云われています。


ー;→

(・・; 思わぬ展開に進んでしまいます;



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



 ー 前回のブログ ー
1394年 ← 一休さんが生まれた年。
南山国の王子・承察度 (ウフさとぅ) は、朝鮮半島の晋陽に亡命しました。
https://www.asaobo.jp/blog/1734

高麗 (こうらい) 王朝は新羅王朝の分家で、新羅の首都は『金城 (クムスン / 慶州) 』で東側にあったといいます。

李朝の首都・漢城 (ソウル) は西側にあったけど ⇔ 李朝の時代に承察度 (ウフさとぅ) は東側の晋陽 (慶尚道) に亡命していた事も気になるところです。

承察度 (ウフさとぅ) が亡命した時代、
朝鮮半島は『王氏・高麗』~「李氏・朝鮮」に王統交替 (政権交代) ばかりの時代です。
*わずか2年前に王朝交替

晋陽に亡命した承察度 (ウフさとぅ) は、その地で手厚く『優遇』されていました。晋陽は高麗時代は大使館? ような国境の町になっていたようです。

また朝鮮半島では、
王氏・高麗』~「李氏・朝鮮」に王統交替 (政権交代) すると、一時期、王氏はいなくなったという。

王氏・高麗』は『仏教』⇔「李氏・朝鮮」は「儒教」に重きを置く王朝であったようです。

高麗王朝の前身・新羅王朝は、
『金 (カニ / 鉄類) 』の産出地と同時に てんびん座
仏教王国」として知られていました。

新羅の首都は金城 (クムスン / 慶州) !?


金城 (クムスン / 慶州) と「天日矛 (あめノひボコ) 」伝承がある但馬国出石町が姉妹都市になっている事が、とても気になるところです。



―  → 晴れ →


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です