温かい空間作り

2020年12月25日

雪の結晶 ここは沖縄 雪

ー 雪 →

(・・; 家庭の事情により;
台風 自分の部屋は寒い物です 雪

暖房器具は1980円くらいの小さな電気ストーブと電気敷布。ともに、赤外線 (電磁波) による熱伝導器具。

比較的、安価な電気ストーブは近赤外線が多く ⇔ 高価な電気ストーブは遠赤外線が多い。と歌う製品が云われています。

ご迷惑をおかけします 赤外線には ご迷惑をおかけします
波長の短い「近赤外線」と波長の長い『遠赤外線』があり、近赤外線は皮膚の「近く / 表面」⇔  遠赤外線は『遠く / 深部』まで温められる「かも』。として、遠赤外線を多く発する暖房器具が高価になっており。近赤外線は「オーブントースター / 表層熱」⇔  遠赤外線は『電子レンジ / 深層熱』ような「熱伝導』に例えられています。

注意 実際のところ
遠赤外線は体の深部まで届かないけど、皮膚の表面で熱を受けた血液が全身をめぐる事によつて、遠赤外線で『全身 / 深部』まで温められているように感じる。← という表現になり、遠赤外線の作用で、電子レンジのように深部から体を温めてはいない。といいます。

ー(・・? ー?→

「遠赤外線で深部から温まる」 ⇔『遠赤外線で深部まで温まる』てんびん座「前者」と『後者』は意味が異なるようです。

(・・? けれども?
安価な電気ストーブ (近赤外線が多い) ⇔ 高価な電気ストーブ (遠赤外線が多い) 。2品を比較すると? 遠赤外線を歌うストーブは体の深部まで温めているように感じます。
*錯覚なのか?

ー?→

net 情報によると、
お風呂のシャワーと湯船。
シャワーは体の表面 ⇔ 湯船は体の芯まで温かく感じる。← その事と類似? とありました。



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



ー 熱の移動方法 ー
熱の伝わり方 (移動) は「伝導」「放射」『対流』の3種あり、太陽から放出された日射し (熱エネルギー) は空気 (気体) や水 (液体) などに乗って、高いほうから低いほうへ移動する。← 高温部 ~ 低温部へ移動するといいます。

ー?→

線香の煙「上」に ⇔ ドライアイスの煙『下』に → 温かい空気は「上」に ⇔ 冷たい空気は『下』に。という対流現象が地球や部屋、湯船にヤカンといった「空間』で起きているようです。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


 ー 味噌汁の鍋 ー
味噌汁の鍋は下 (ガスコンロ) から温めているけど、上は「温」⇔  下は『冷』という「対流現象』がよく見られるといいます。


ー ひらめき電球 →

熱伝導の仕組みを知ると !?
足もと (下部) を先に温めると良いように思えて来ました ☆



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



人の体も『水』で出来ているので、
人の体でも味噌汁の鍋のように てんびん座 上は「温」⇔  下は『冷』という「対流現象』が起きているかもしれません。

(・・? そのためなのか?
足もと (下部) が冷え性になる人が多いと云われています。

ー?→

詳しくは解りませんが、
空気 (気体) や水 (液体) での熱伝導は「温」『冷』の「対流現象』を伴うため、全体的に温めるには「かき混ぜる (強制対流) 』作業が必要になる? との事でした。

ご迷惑をおかけします 対流には ご迷惑をおかけします
自然対流と強制対流があり、ヤカンを沸騰させるのは自然対流 ⇔ 扇風機の風は強制対流に当てはまるといいます。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


 ー 湯船とヤカン ー
密封空間器であるヤカンの お湯は自然対流の作用で沸騰 (100℃) するまで温かくできるけど ⇔ 湯船の お湯は 40℃ 前後で止めているので、強制対流による作業が必要になる? との事です。


ー 台風 → 

ー?→

ある情報によると、
人の体も湯船と同様に、温めた方が良い事は、よく語られていますが、温め過ぎる事も良くない物。全体的に温めるには「かき混ぜる (強制対流) 』作業が必要になる? との事です。

飲食 (特に飲酒) 後の お風呂や運動・マッサージが良くないというのも、体の消化器が活動 (温め) している時に余計な「温め / 対流』作業をしない方が良い? とありました。

 ⇔ 反対に、
飲食 (特に飲酒) 後の睡眠が良くないというのは ぐぅぐぅ 体温を沈める (冷やす) 作業をしている時に 流れ星 消化器を活動 (温め) している事に当てはまると云われています。

ー;→

(・・; 内容はダイブ飛んでいますが;
安価な電気ストーブ (近赤外線が多い) ⇔ 高価な電気ストーブ (遠赤外線が多い) 。2品を比較すると? 遠赤外線を歌うストーブは体の深部まで温めているように感じるのは錯覚なのか?。という問題は「わからづじまい』ですが、そうした情報を調べるうち サーチ 心当たりある物を目撃してしまいました あせる

(・・; 自分が毎日使用している安価な電気敷布;前半は「良い」けど ⇔ 後半は『良くない』という情報を見かけました あせる

目 そうした情報によると サーチ
人が寝静まるのは 流れ星 日中 晴れ いったん上昇させた体温を『ユリ戻し作用』によつて体温を降下させる時に 流れ星 深い眠りに ぐぅぐぅ との事です。

 ぐぅぐぅ 体温を下げた時 流れ星 体の表面に直 (じか) に触れた電気敷布の温度が高いままだと ⇔ 体は体温を下げようと汗を出すため、水分不足による喉の乾きを感じる事もあるので、寝る前に電気敷布で布団を温めたり、タイマーをかけると良い。との事でした。

(・・; 自分が毎日使用している安価な電気敷布;タイマーが無い物です あせる



雪



竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です