宗教とReligion

(・・? 宗教とは何か?
宗と教はどっちが大きいのか?

例えば、
仏教の中に天台宗があり、天台宗の中に法華宗と密教があるようです。

教の中に宗? 
宗の中に教? 
宗の中に宗?

― (・・? ―?→

net 調べでは、
「教は宗祖の教え」『宗は教祖の祖先』と載っていました。

(・・; またまた;
宗祖と教祖は何が違うのか?
疑問が生まれ、本の少し調べて見ました。



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



詳しくは解りませんが、
教は教え。の語源は 祖先が神様 (祖先崇拝) という儒教的な風習を由来する文字だといいます。

―・→

宗 (しゅう) は 宗 (むね) とも読み、
は旨 (むね)・棟 (むね)・胸 (むね)・など。事物の中心を意味しているようです。

例;その旨 (むね) を伝える →
  中心となる事柄を伝える。

(・・? 鳥の胸 (むね) ← 中心

宗は ウ → 家の中心に『祖神 / 祖神』
*「ネ」の古文字は「示」?

宀 → 家 、示 = 礻 → 神 = 神。

祖先 → 祖先 ≒ 神 / 神

の語源は 祖先が神様 (祖先崇拝) という儒教的な風習を由来する文字だといいます。

―(・・? ―?→

祖の「且」は「重ねる / 足す+」と意味、
組 ← 糸と糸を且 (重ね) る、
助 ← 且 (足す+) ? など。

わたしの祖先 (神様) と あなたの祖先 (神様) は異なり、祖先 (神様) は1人ではないといいます。

虹  チューリップ黄  チューリップ赤  チューリップ紫  チューリップピンク  チューリップオレンジ  コスモス  ハチ

「且」+『且』→  祖先 (神様) が「たくさん』。

―?→

(・・? 複雑お話?
そうした儒教的な死生観仏教とともに伝来しているようです。
北伝「仏教』の中には「儒教的な物」『道教的な物』が必ず含まれているといいます。

儒教は父系の祖先崇拝
道教は母系の自然崇拝

祖先自然

虹  チューリップ黄  チューリップ赤  チューリップ紫  チューリップピンク  チューリップオレンジ  コスモス  ハチ

が「たくさん』。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


ところが?
近代に入ると、西洋的なReligion (宗教) に当てはまる「翻訳の問題』が発生したといいます。

英語のReligion (宗教) は 再び結び付ける → 神と人の一体化? 意味しているようです。

ご迷惑をおかけします Religion (宗教) ご迷惑をおかけします
目 西洋のReligion ⇔ 東洋の宗教 てんびん座 本来は意味が異なる視点であったけど 目 翻訳の問題で一体化している事もあるようです。

【関連かも情報】




竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です