第3回 商人と官僚

 ー 商人と宗教 ー
商人には止る商人・座商人 と 歩く商人・行商人 があったといいます。https://kotobank.jp/word/%E8%A1%8C%E5%95%86-52716


代表的な行商人には、近江商人や富山の薬売り、越後の毒消し / 薬種商人など。日本海を起点とする行商人が中世から知られていたようです。

また、国と国の境界線で「市 (いち) 」が開かれる事が多く、そうした国境 (市 / いち) には、公家や寺家が領する 関所(検問所)が設置されていたため、行商人たちは、寺社に属する宗教関係者でもあったといいます。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


(・・? なんとなく?
「歩く商人 ≒ 宗教関係者」という構図は見えると思います。

中世 ~ 行商人たちは一向宗 (衆) 関係者が多く、公家や寺家の収入源にもなっており。また、そうした構図を解体したのが安土城主・織田信長 (武家) による 楽市・楽座 とも云われています。 https://ja.m.wikipedia./楽市・楽座

ー!?→

(・・! 日本海を起点とする行商人?! 
その歴史も古く、894年の遣唐使 (公貿易) の廃止後 (平安時代) ~ その端緒 (糸口) は見られたと云われています。

また  てんびん座「歩く商人 ≒ 宗教関係者」という構図は東洋でも西洋でも見られ、古くはペルシア由来の『ミトラ信仰』あるいは、ミトラ信仰から派生したミトラス教ゾロアスター教 → マニ教 → 道教 → 浄土教などに帰属する行商人が多くいたようです。

ー(・・? ー?→

 ー 道教と浄土教 ー

道教
 と 浄土教 は、道家自然 (ジネン) 思想を起点に、同時期 (中国の南北朝時代) に成立したと云われています。

ひらめき電球 道教浄土教の起点は似ている ☆

道教浄土教が成立した中国の南北朝時代ころ、その西方にはクシャーナ朝という仏教王国があったようです。

クシャーナ朝はインド化したペルシア系民族 (大月氏) が建てた国。

https://ja.m.wikipedia./クシャーナ朝



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


実は、7世紀・日本へ仏教を持ち込んだ蘇我氏の祖先は月氏の子孫・大月氏。と情報を多数見かけます。

サーチ 蘇我氏 大月氏 目
検索して見ると?! そうした情報がたくさん出で来ると思います。

ー・→

月氏は大月氏 (ペルシア系) と小月氏 (トルコ・チベット系) に別れ、大月氏は中央アジアのバクトリア地方に大月氏国を建国。

大月氏が大月氏国を建国した中央アジアのバクトリア地方は、シルクロードの天山南路の入口近くにあり、砂漠のオアシスで『』の産地と知られていたようです。

(・・?はてなマーク
https://ja.m.wikipedia./月氏

ー?→

また、ペルシア系の月氏は「玉氏」と呼ばれる事もあり、道教の太極図とも関連している? という方もいます。

(・・? 道教用語では「月」の事を『玉兎』

古代の日本にも玉を造る「玉造部」という職業部もあったようです。


ー(・・? ー?→

大月氏国 (ペルシア系民族) から分裂したクシャーナ朝 (インド化したペルシア系民族) がガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方) に都を置いたと云われています。

ご迷惑をおかけします 今日では ご迷惑をおかけします
ペルシア文明のガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方) は「イスラム化」しておりますが、7世紀半ばまで『仏教』の流行地であったといいます。

ー?→

(・・? 仏教はインド由来?はてなマーク
思う方もいるかもしれませんが、仏教には南伝仏教 (上座部仏教) と 北伝仏教 (大乗仏教) とあり、

どちらかというと、南伝仏教はインド的 ⇔ 北伝仏教はペルシア的であったとも云われています。
北伝仏教は 中国 (東方) に行く前に ← いったん西方 ← ペルシア方面のガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方) に行き → 西域 → 中国 (東方) に伝わっていました。

詳しくは解りませんが、
インド化したペルシア系民族 (月氏) が建てた国・クシャーナ朝は、同じくペルシア系民族の国・ササン朝に亡ぼされ、吸収されていたようです。https://ja.m.wikipedia./ササン朝

ー(・・; ー;→

7世紀半ばに入ると;ササン朝 (ペルシア帝国) はイスラム教国に吸収されて行きます →

ササン朝 (ペルシア帝国) は ゾロアスター教を国教とし てんびん座 水面下では マニ教 も流行。

白衣白冠の正装など。

イスラム教とマニ教 てんびん座 類似点が多数見られるとも云われています。https://ja.m.wikipedia./マニ教

ご迷惑をおかけします イスラム教は ご迷惑をおかけします
マニ教をお手本に成立したとも。

イスラム教が誕生した7世紀の日本は蘇我氏が登場する飛鳥時代

日本に仏教を持ち運んだ蘇我氏の拠点・大和の明日香 (あすか / 飛) では、石舞台古墳ほか、謎の石造物が点在するといいます。
ペルシア人に似た石像物も。https://www.asaobo.jp/blog/1290

ー!?→

蘇我氏が最初に持ち運んだ仏様 (仏像) は『阿弥陀様』であったようです。

ひらめき電球 阿弥陀様浄土タイプ



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー


平安時代の894年菅原道真により、遣唐使(公貿易)が廃止されます。

  ⇔  ところが、
九州島 ~ 越の国にかけての沿岸部には、度たび唐の商人 → しだいに、宋の商人という「私的な商人」が出没。その影響を受けた博多商人(私貿易)⇔  平家(公貿易)≒ 日宋貿易。も登場します。

ー?→

遣唐使(公貿易)の廃止後 ~ 唐の商人 → 宋の商人 ⇔  博多商人(私貿易)⇔  平家(公貿易 ≒ 日宋貿易)ー・・→ 日本3大商人が登場します。

日本3大商人には、
大阪商人・近江商人・伊勢商人。あり、大阪商人は近江商人と伊勢商人の流れを汲む者が多く、伊勢商人は旧タイプ・平家(伊勢平氏)の流れを汲む者 と 新タイプ・近江商人の流れを汲む者が多くいたようです。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

むかし TV東京の番組で、

聖徳太子や平家は『ペルシア人説』という放送をしていたようです。その説は半分くらい「トンデモ説」ですが、まったく荒唐無稽の説ではなかった。

聖徳太子の時代 (飛 時代) と平家の時代 (平安末期) は離れているけど、その2つ時代は「鳥 (とり) 」に関する重要な『鍵 (カギ) 』が隠れていました。
*聖徳太子の時代 = 蘇我氏の飛 時代

ー?→

(・・? マツダ自動車だけど MAZDA 

ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダ (MAZDA) を由来という。

鳥は「光明神の使い (眷属神) 」という


ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
https://kotobank.jp/word/%E8%A1%8C%E5%95%86-52716


代表的な行商人には、近江商人や富山の薬売り、越後の毒消し / 薬種商人など。日本海を起点とする行商人が中世から知られていたようです。

中世 ~ 行商人たちは一向宗 (衆) 関係者が多くいたようです。

ひらめき電球 一向宗 (衆) 関係者は阿弥陀様 = 浄土タイプ ☆

目 昔も今も 目
ペルシア由来の宗教が商業史の『鍵 (カギ) 』を持っているように思えて来ました。


―♪→


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です