第3回 身に染みた風習

今では信じられないお話ですが、
日本でも 古代 ~ 江戸時代の初期まで男色 (同性愛) が流行する時代が度々あったと云われています。


寺院 (特に密教僧) や 戦国武将の世界では、そうしたエピソードを本当によく見られます。


 平安時代に登場する弘法大師・空海は男色の元祖?という書も多数あります。

 

━ ? →

東洋では儒教、西洋ではキリスト教、中東ではイスラム教など。原理主義? とか。政治と宗教が結び付くほど 長音記号2 そうした風習封印されているよう思います。

日本では特に、
戦国時代 ~ 江戸時代の初期まで男色 (同性愛) が流行。
意外にも!? 
日本における天主教会大奥の始まりにも『男色秘話』が隠れていました。
* 天主教会 ← カトリック教会

日本初の天主教会は周防国に建てられていますが、その地は大内氏の政治拠点であったようです。

━ (・・? ━ ? →

室町時代 / 15世紀半ば ~

西国 → 豊前国や筑前国、周防国大内氏の時代で、しだいに大内氏「外交 / 経済」に関する力を増して行きます。https://kotobank.jp/word/大内氏-39020

中でも、周防国大内氏の重要拠点で、応仁の乱以降 ~ 本京都は「衰退期」に突入し ⇔  その一方、周防国は 西の京 と呼ばれるほど、大内文化が花開くようになります →

天主教徒のザビエルが来日した時代の日本は、「本京都」よりも『西の京』に実質的な政治権力があったと云われています。
* 西の京を支配していたは大内氏

そのためザビエルは、西の京を本格的な天主教 / 布教活動の拠点としようとしましたが、当時、西の京を支配していた大内氏に断られたので本京都に向かっていました。

ところが、
本京都は応仁の乱の影響によつて かなり荒廃、もはや実質的な権力は西の京に移行している事を知ったザビエル一行は、1度断られた大内氏のもとを再び訪れ、本京都に渡す予定であった金銀財宝を大内氏に渡し、日本初の天主教会を周防国に建立 → 本格的な布教活動を許されました。
*大内氏は天主教徒になった人ではなく、布教活動を許可した人。

注意*

日本初の天主教会が周防国に建立エピソードには、柔軟説刺激説が見られます。

柔軟説では、
上記文ように1度断られた後、本京都に向かった。
   ⇔
刺激説では、
大内義隆 (よしたか) の家臣であった陶晴賢 (はるかた) は天主教徒や切支丹大名たちに取り込まれた。のち、大内義隆 (よしたか) は陶晴賢 (はるかた) に亡ぼされ → 天主教会の建立? という説です。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


 (・・? それではなぜ?
ザビエルは大内氏に天主教の布教活動を断られたか? いうと、当時の大内氏 / 大内義隆 (よしたか) は『男色』をザビエルに否定されたので、布教活動を許さなかったという。

大内義隆 (よしたか) には妻子もいたけど、彼は『男女両色』で、美男子陶晴賢 (はるかた) を家臣 (恋人) にしていたという。

ご迷惑をおかけします 刺激説では ご迷惑をおかけします
大内義隆 (よしたか) の家臣 (恋人) であった陶晴賢 (はるかた) は天主教徒や切支丹大名たちに取り込まれた。のち、大内義隆 (よしたか) は陶晴賢 (はるかた) に亡ぼされ → 天主教会の建立? という説です。

【関連情報】



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


詳しくは解りませんが、
天主教では、神様がアダム (♂) とイブ (♀) を? という教えをしていたので、男色風習封印? との事です。

とはいえ!?
男色風習はその後も続きます →



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



戦国武将の織田信長


織田信長は男性ですが ♂ 彼には男の恋人がおり、
美少年の森蘭丸 (森成利) は織田信長家臣  恋人でもあった? という説もあります。

一説では、美少年の森蘭丸 (森成利) は信長から寵愛を受け、衆道としての関係があったともいわれている。
また、
戦国武将の上杉謙信男装をする女性で ♀  (彼女) は女性が好きな女性であった? という説も見られます。


ほかにも、
戦国武将の間では『男色 / 衆道』が流行していた? という情報がたくさん。



   ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



戦国時代は終り →
江戸時代が始まっても『男色 / 衆道』の風習は続いていたという →

江戸幕府の3代将軍・徳川家光 、


徳川家光美少年 (男性) 好きで、女性には関心がなかったという。

そのため、
徳川家光の乳母であった春日局 (かすがのつぼね) が美少年  男風の女性を集めたのが大奥の始まり? との説もあるようです。


― ひらめき電球 →

さかのぼること !?
室町幕府の3代将軍・足利義満美少年 (男性) 好きで、能の大成者で有名な世阿弥美少年足利義満に寵愛されていた? との説もあります。

室町幕府の3代将軍・足利義満
江戸幕府の3代将軍・徳川家光

3代メ と 4代メ の間で『霊 ~ 」への転換期があったように思われます。

ご迷惑をおかけします ここでは ご迷惑をおかけします
中国島 → 朝鮮半島 → 日本列島 → 3島では、
『霊に始まり → に終わる」という政治体制を何度も繰り返している。と考えて見ました。

道教的 ⇔ 儒教的

―?→

戦国時代 ~ 3代将軍・徳川家光の時代まで『武の世 / 霊的』⇔  4代将軍・徳川家綱 ~「文の世 / 礼的」と云われています。

―?→

江戸の町造りは、

平安京と同様に霊的 ≒ 道教的な造りになっており、江戸時代の前半は霊的 ⇔ 後半は礼的 なっていました。

武の世霊的 ≒ 道教的 てんびん座 文の世礼的 ≒ 儒教的

道教現世利益 ⇔ 儒教質素倹約

―?→

2代将軍・徳川秀忠の子 →
3代将軍・徳川家光には、保科正之 (ほしなまさゆき) という異母の弟がいました。

異母の弟保科正之儒教的 ≒ 礼的な思想を強く持っていたようです。

ー・→

3代将軍・徳川家光が亡くなると、保科正之は 徳川家光の子・家綱 (兄) と 綱吉 (弟) の後見人として育てたといいます。
*後見人 ← 政治顧問?

4代将軍・徳川家綱 と 5代将軍・徳川綱吉 の時代ころ ~ 江戸幕府は儒教色を高めて行きますが、その背景には、後見人である保科正之の影響がかなりあったように思います。
武の世 ~ 文の世

ー?→

一説によると、
江戸城の天守閣は実用性のない霊的な建物で、初代将軍・徳川家康 → 2代将軍・徳川秀忠 → 3代将軍・徳川家光。将軍の代替りと同時に天守閣も意図的 (霊的) に破脚され → 再建。そして、3代将軍・徳川家光が亡くなると、徳川家光の側用人たちも一緒に亡くなる殉死制度があったと云われています。

殉死制度 ← そうした死生観は『霊的 ≒ 道教的』な風習で  てんびん座礼的 ≒ 儒教的」な死生観とは異なっていたようです。

―(・・? ―?→

例えば、
帝国・の始皇帝は、仙薬、不老不死など ← 道教的な死生観 (思想) を持っていた事はよく知られており、
兵馬俑などに見られる殉死的な死生観 (思想) は道教的な発想と云われています。
儒教招魂再生 ⇔ 道教不老不死

また、の始皇帝は「焚書坑儒 (ふんしょこうじゅ) 」という礼的儒家の生埋め (思想統一) でも知られています。

ご迷惑をおかけします 歴代中国政府は ご迷惑をおかけします

儒教色道教色 てんびん座2色のどちらか一方に傾きすぎると国家転覆に結び付く事があったようです。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


内容は飛んでいますが、
4代将軍・徳川家綱後見人であった保科正之の影響から、霊的 ≒ 道教的  殉死制度を廃止し、4代め ~ 江戸城天守閣の再建もなかった事は良く知られています。

日に日に →
江戸幕府は儒教色を高めて行きます →

のちの明治維新には、
儒学  国学など。← 高まり過ぎた儒学への反発という1面も隠れていたようです。
明治政府も江戸幕府と同様に、
『霊に始まり → に終わる」という政治体制を繰り返します →


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


net 上に流れていた文 →
明治時代に入り、文部卿・森有礼によって儒教的な道徳教育を規制する命令が出された。しかし、宮中の保守的な漢学者の影響によって教育勅語など儒教の忠孝思想が取り入れられ、奨励された。


―?→

詳しくは解りませんが、
明治の始めには『日本語を廃して英語を国語にすべき』という意見 ⇔ また、その行き過ぎた意見への反動から生まれた行き過ぎた政策あった? との声も見られます。

明治維新は儒学 ⇔ 国学など。← 江戸末期に高まり過ぎた礼的儒学への反発という1面も隠れていたようですが、3代め首相 (本当は4代め首相) の時代に「礼的 ≒ 儒教的」な死生観など。整備している という情報も見られました。

―;→

カゼ 強引なお話ですがあせる
明治政府には霊的首相? →0代め首相がいた説があります。


0代め首相を含めると? 3代め首相は4代め首相になるかと思います。

明治政府は3代め首相 (本当は4代め首相) の時代に「礼的 ≒ 儒教的」な死生観など。整備している という情報も見られます。
儒教招魂再生 ⇔ 道教不老長生

― ひらめき電球 →

さかのぼること !?
室町幕府の3代将軍・足利義満美少年 (男性) 好きで、能の大成者で有名な世阿弥美少年足利義満に寵愛されていた? との説もあります。

室町幕府の3代将軍・足利義満
江戸幕府の3代将軍・徳川家光

3代メ と 4代メ の間で『霊 ~ 」への転換期があったように思われます。

― (・・? ―?→

儒教の死生観 (思想) である招魂再生は、父系の門中 (身内) の血縁を非常に重視します。
*道教観とは異なる

儒教の死生観は、
子孫が祖先崇拝をする招魂再生。そのため、子孫が途絶えぬよう・・が基本に。
*招魂  鎮魂

天主教では、
神様がアダム (♂) とイブ (♀) を ? という教えをしていたので、

―;→

(・・; 一歩間違えると;
ヘビなお話、重いお話。なってしまいます。



    ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



西洋のローマ帝国と東洋の漢王朝ナショナる国家 てんびん座 その間にあったクシャーナ朝アルサケス朝 (パルティア国) はグローバる国家に思います。

西洋のローマ帝国天主教 てんびん座 と東洋の漢王朝儒教国教としていたようです。


ご迷惑をおかけします 類似お話 ご迷惑をおかけします
今日の米国政府 → 共和党は比較的ナショナる体質 ⇔ 民主党は比較的グローバる体質で。共和党は『男色 / 衆道』に不容政策 ⇔ 民主党寛容政策を云われています。

ナショナる体質は礼的
グローバる体質は霊的

(・・? 複雑お話?
ナショナる体質とナショナる体質は反発し合い ⇔ グローバる体質とグローバる体質は反発し合う関係にあるといいます。

ナショナリストのライバルはナショナリスト
グローバリストのライバルはグローバリスト

ご迷惑をおかけします 西洋でも東洋でも ご迷惑をおかけします

儒教色道教色 てんびん座 ナショナる体質とグローバる体質 てんびん座 どちらか一方に傾きすぎると国家転覆に結び付く事があったように思います。

の強い人は堅苦しく ⇔ の無い人も困った人で てんびん座 まったくを信じない人 ⇔ すべてまかせに生きる人も困った物です。

西洋でも東洋でも →
『霊に始まり → に終わる」という政治体制を繰り返しているように思えて来ました →

―;→

(・・; 誤解を招く文になっていますが;
3代メ と 4代メ の間で『霊 ~ 」への転換期があった。そして、人々の周波数も切り替わった てんびん座 また考えて見たいです。



竹。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です