第2回 身に染みた風習

日本には3つの政治派閥がある事を載せて見ました。

田中宇氏によると、
米国にも3つの政治派閥があるといいます。

↑↓
自分の解釈に誤部もあると思いますが;

ご迷惑をおかけします 端的にいうと ご迷惑をおかけします
右派的ナショナリスト・左派的ナショナリスト・グローバリスト。← 3つの政治派閥があるという。

ナショナリストは国家主義 (国粋) 、
    ⇔ 
グローバリストは全体主義 (星粋) 。


 てんびん座 どちらに傾き過ぎる事も危険に思います。


(・・; 実はいうと;
『グローバル』という言葉の意味を詳しくは知りませんが、使用 / 誤部もあるかもしれません。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


日本では、

 ロボット ナショナる風な政治家をグローバる風な官僚機構がコントロール ゲーム 思います。

複雑なお話?
グローバる風な官僚機構はナショナる体質の儒教「でもあります。

ー(・・? ー?→

主に、中国島 → 朝鮮半島 → 日本列島といった東方アジアでは、古代から無意識にも、儒教な物と道教な物が身に染みていると云われています。

注意 厳密にいうと
儒教な物と道教な物は漢化政策 (同化政策) として仏教の中に組み込まれて日本にも伝来しているようです。
注意 あくまでも
それは極端なお話ですが、儒教道教ナショナる仏教グローバる。思います。

ご迷惑をおかけします ここでは ご迷惑をおかけします
礼的儒教は右派的ナショナる霊的道教は左派的ナショナる仏教グローバる。当てはめて見ました。

グローバる宗教である仏教には礼的儒教霊的道教が隠れています。
↑そのため3島では、ナショナリズムが高まった時代に仏教外来の宗教という考えから弾圧された歴史を持っています。

ー(・・? ー?→

霊的 (道教的) な子供はあれもこれも』欲しい ⇔ 礼的 (儒教的) な母さんは「白黒ハッキリ」しなさい、言いました。


→ うさぎクッキー → くまクッキー → ねこクッキー →

古代中国では、
秦帝国道教吸収作用が強すぎて崩壊 ⇔ 漢王朝儒教分離作用が強すぎて崩壊したといいます。

帝国は道教『統一 / 吸収 / 同化』の作用を強く持っていた。
の時代は、言葉や文字、貨幣、車軌 (交通網) 、度量衡、思想などの統一政策 → 同化政策など吸収作用が強すぎ ⇔ の時代は、に関する身分的分離作用が強すぎたと云われています。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


一説によると、
秦帝国道教『統一 / 吸収 / 同化』的な政策は、紀元前のアケメネス朝 (ペルシア帝国) を模した物と云われています。


道教『統一 / 吸収 / 同化』的な政策の起源を辿ると?!
アケメネス朝 (ペルシア帝国) に結び付きます。



    ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



後ほど登場する →
西洋のローマ帝国と東洋の漢王朝はナショナる国家 てんびん座 その間にあったクシャーナ朝アルサケス朝 (パルティア国) はグローバる国家に思います。

アルサケス朝 (パルティア国) はギリシア化したペルシア系民族の王朝


クシャーナ朝はインド化したペルシア系民族 (月氏) による仏教王朝。https://www.y-history.net/appendix/wh0201-051.html

一説によると !?
ガンダーラ地方 (現・ペシャーワル地域) に都を置いていたクシャーナ朝時代に、
ペルシア由来の「ミトラ神」は『弥勒仏』に。


━ ひらめき電球 →

アルサケス朝 (パルティア国) はギリシア化 (西洋化??) したペルシア系民族の王朝 てんびん座 クシャーナ朝はインド化 (東洋化??) したペルシア系民族の王朝 ??
*グローバる王朝??

ひらめき電球 西洋のローマ帝国と東洋の漢王朝はナショナる国家 てんびん座 その間にあったクシャーナ朝アルサケス朝 (パルティア国) はグローバる国家に思います。



    ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー 



さらに時代は下り、
中国の南北朝時代 に、
東洋では鮮卑族 てんびん座 西洋ではゲルマン族が道教 (P籍) な同化政策を用いて、鮮卑族の漢民族化 てんびん座 ゲルマン民族のローマ化が同時期に行われています。

ひらめき電球 鮮卑族の国 = 北魏 → 隋 → 漢民族化 てんびん座 ゲルマン民族のローマ化

ペルシア由来の「ミトラ神」は『弥勒仏』に →
目 ギリシア化したペルシア系民族の王朝・アルサケス朝 (パルティア国) と インド化したペルシア系民族の王朝・クシャーナ朝 ?? あまり見聞きしない2王朝?西洋にも てんびん座 東洋にも多大な影響を与えていた (いる??) ように見えます 目

詳しくは解りませんが、
インド化したペルシア系民族 (月氏) が建てた国・クシャーナ朝は、同じくペルシア系民族の国・ササン朝に亡ぼされ、吸収されていたようです。

ご迷惑をおかけします その後も ご迷惑をおかけします
東洋にも てんびん座 西洋にも、各おの宗教の中にペルシア由来のミトラス教ゾロアスター教マニ教 などの風習が組み込まれて行きます →

 


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中



7世紀・日本へ仏教を持ち込んだ蘇我氏の祖先は月氏の分家・大月氏と云われています。

ー・→

月氏の分家・大月氏は中央アジアのバクトリア地方に大月氏国を建国。

大月氏が大月氏国を建国した中央アジアのバクトリア地方は、シルクロードの天山南路の入口近くにあり、砂漠のオアシスで『』の産地と知られていたようです。


ー?→

月氏は「玉氏」とも呼ばれ、道教の太極図とも関連している? 説も。
(・・? 道教用語では、
「月」の事を『玉兎』というようです。

古代日本には玉造部という職業部も。

ー(・・? ー?→

大月氏国 (ペルシア系民族) から分裂したクシャーナ朝 (インド化したペルシア系民族) がガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方に都を置いたと云われています。

ご迷惑をおかけします 今日では ご迷惑をおかけします
ペルシア文明のガンダーラ地方は「イスラム化」しておりますが、7世紀半ばまで『仏教』の流行地であったといいます。
北伝仏教ペルシア文明のガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方に行き → 西域 → 中国 (東方) に。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


仏教王国・クシャーナ朝時代に、
ミトラス教のミトラ神 (太陽神) は弥勒菩薩 (梵名・マイトレーヤ) に てんびん座 ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダは阿弥陀如来 (梵名・アミターバ) に転訛したとも云われています。

奈良の大仏 (毘盧遮那 / ビルシャナ) も、

ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダインドではヴァイローチャナ (光明神) → 中国では毘盧遮那 (ビルシャナ) と呼ばれるように。

 ー?→

ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
インド化したペルシア系民族 (月氏) が建てた国・クシャーナ朝は、同じくペルシア系民族の国・ササン朝に亡ぼされ → 吸収。

ー(・・; ー;→

7世紀半ばに入ると;
ササン朝 (ペルシア帝国) はイスラム教国に吸収されて行きます →

ササン朝 (ペルシア帝国) は、
ゾロアスター教 (与党) > マニ教 (野党) 』という関係になっていたようです。

ご迷惑をおかけします 一説によると ご迷惑をおかけします
「西洋的 (ユダヤ教とキリスト教) 」+『東洋的 (仏教) 』てんびん座「2色』を合わせ持つ「マニ教』から「イスラム教』にも進展した? とも。

白衣白冠の正装など。イスラム教とマニ教 てんびん座 類似点が多数見られるとも云われています。

ご迷惑をおかけします イスラム教は ご迷惑をおかけします
マニ教をお手本に成立したとも。

イスラム教が誕生した7世紀の日本は蘇我氏が登場する飛鳥時代、


日本に仏教を持ち運んだ蘇我氏の拠点・大和の明日香 (あすか) では、石舞台古墳ほか、謎の石造物が点在するといいます。

ペルシア人に似た石像物も。https://www.asaobo.jp/blog/1384 

ご迷惑をおかけします 毎度こと ご迷惑をおかけします
内容はごちゃごちゃしておりますが、
西洋のローマ帝国はキリスト教 てんびん座 東洋の漢王朝は儒教を「政治」アイテムにしていましたが、当時のキリスト教と儒教は『商業』を軽視 ⇔ イスラム教は商業を肯定するグローバル宗教で、イスラム法の計算式やアラビア語、アラビア数字 (0123) など。E欧に伝来した物が結構あると云われています。
ー(・・? ー?→

クシャーナ朝ササン朝に亡ぼされ → 吸収、

ササン朝はイスラム教国に亡ぼされ → 吸収。

ササン朝 (ペルシア帝国) は、
ゾロアスター教 (与党) > マニ教 (野党) 』という関係。

イスラム教国では、
『スンナ派 (与党) > シーア派 (野党) 』という関係に。

(・・? 昔も今も?
ペルシア方面に重要なカギが隠れているように思えて来ました。



竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です