2色のバランス


[ぬいぐるみ] 
白クマも欲しいし黒クマも欲しい。

ひらめき電球

 そうだ! パンダにしよう ☆

 → うさぎクッキー → くまクッキー → ねこクッキー →

ご迷惑をおかけします 極端な お話 ご迷惑をおかけします

儒教は「白黒ハッキリ」→ 分離作用
道教は『あれもこれも』→ 吸収作用

あると云われています。

儒教質素倹約 ⇔ 道教現世利益

質素倹約 →「ケチ?」⇔ 現世利益 →『欲張り?』

(・・;  決して;ケチである事、欲張りであること。悪い事ではなく生きて行く上、必要不可欠な物であります。

注意

あくまでもの お話ですが、

秦帝国道教『色』← 吸収作用、

漢帝国儒教「色」← 分離作用。

持っていました。

ご迷惑をおかけします 中国政府は ご迷惑をおかけします

→  → 戦国時代 →  →  → 

儒教を国教 (官学) とし儒教色に傾き過ぎ国家転覆 ⇔  の始皇帝は「焚書坑儒」→ 儒家の生埋めなど、思想の統一など。吸収作用が強すぎて国家転覆したと云われています。*統一 / 吸収作用


ー 中国と日本 ー

周王朝と江戸幕府は地方分権 ≒ 儒教タイプ。秦帝国と明治政府は中央集権 ≒ 道教タイプ。夫婦別姓は儒教色 ⇔ 夫婦同姓は道教色など。

帝国は道教『的』な『統一 / 吸収 / 同化』の作用を強く持っていたようです。

の時代は、言葉や文字、貨幣、車軌 (交通網) 、度量衡、思想の統一 / 同化政策など吸収作用が強すぎ てんびん座 の時代は、に関する身分的、区別的 / 差別的な分離作用が強すぎたと云われています。

ー (・・?  ー?→

帝国・の始皇帝は、仙薬、不老不死など ← 道教『的』な死生観を持っていたようです。

兵馬俑などに見られる殉死的な死生観は道教『的』な発想と云われています。

儒教は招魂再生 ⇔ 道教は不老不死。


ひらめき電球道教『的』な死生観では、『グソー (後生 / あの世) 』 は「イチミ (現世 / この世) 」の延長線 (霊は死なない) という考えがあり、皇帝が「この世」を去った際、皇帝の側用人もいっしょに『あの世』に行く殉死制度があった。*儒教観とは異なる

 ー 2教の死生観 ー

儒教は招魂再生 → 生まれ代わり、 

道教は不老長生 → 魂は死なない。

―→

ご迷惑をおかけします 江戸時代 ご迷惑をおかけします
初代将軍 ~ 3代将軍まで『武の世 (道教色) 』⇔ 4代将軍から「文の世 (儒教色) 」に →

2代将軍・徳川秀忠は父 (家康) が築いた江戸城の天守閣を破壊し → 新たな天守閣を築く ⇔ 3代将軍・徳川家光は父 (秀忠) が築いた天守閣を破壊し → 新たな天守閣を築いていました。

3代将軍・徳川家光が亡くなると、家光の側用人たちも『いっしょ』に殉死したという。

4代将軍・徳川家綱の時代に明歴大火 (振袖火事) が起き天守閣も焼失。

4代将軍・徳川家綱の後見人・保科正之 (政治顧問?) は質素倹約家の儒学者ため、4代将軍 ~ 江戸城の天守閣は再建されなかった。そのほか、儒学者の保科正之は道教的な殉死制度を廃止したという。

⇔ その一方、

儒教「色」と道教『色』。

「2色』のどちらか一方に傾きすぎると国家転覆に結び付く事があったようです。


分離作用 てんびん座 吸収作用

どちらが正しいのか?はてなマーク
それは決して、紀元前の昔話、遠い国の お話ではなく、今日にも結び付く お話だと云われています。


→ うさぎクッキー → くまクッキー → ねこクッキー →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です