2つの発表

あなたの病名は「ガン」です

そう言われると、誰もが落ち込み、ストレスがたまり、免疫力が低下してしまいます。

現代の医療では、インフォームドコンセント (正確な病状を告知して治療の同意を得る) という考えから『告知』が義務づけ‥ といいます。

ノニ・サイエンス―“魔法の果実”ノニに秘められた力を科学の面から徹底検証216円Amazon

わたしたち人間の体は、常に外敵からの攻撃にさらされています。これらの外敵から体を守る役を『免疫力』が司どります。

わたしたち人間の免疫システムを主に担当しているのは、血液中に含まれる白血球です。「主に」言っても、1人ではなく ⇔ むしろ組織的で、さまざまなメンバーによって構成されています。

白血球という構成員を大きく分別すると、「単球 (マクロファージ) 、リンパ球、顆粒球」の『3つ』。さらに細かく分別すると、リンパ球の中にNK細胞、B細胞、T細胞 → またさらに、ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サプレッサーT細胞があり、顆粒球の中に好塩基球、好中球、好酸球があります。

それぞれ種類、役割ごとに外敵を発見する → その情報を伝達する → 外敵への攻撃命令を出す → 外敵を攻撃する。という具合に連携プレイが行われます。

残念ながら、そうした複雑な免疫システムにも弱点があります。それは、ストレスに非常に弱いということです。

大きな社会変動、複雑化する生活、人間関係による精神的ストレス、環境の悪化による身体的ストレスなど‥ 現代社会において、さまざま満ち溢れるストレスを無くす事は不可能です。しかし、生きて行く上、ストレスと戦い、向き合う事も大切です。

体がストレスを感じると、免疫力は一気に低下して、外敵から身を守れなくなり、体内に活性酸素が蓄積され、免疫システムが狂い、本来、外敵を攻撃する顆粒球が正常な免疫細胞までも破壊してしまいます。

「ガン告知」においても賛否があったようです。昨今では、ガン告知は義務づけられていますが、ある発表を「する」⇔『しない』によつて、1人一人の受け止め方やストレスに対する抵抗力、免疫力にも個人差があると思います。

ある日のブログでは、英国では当初、コロナウイルスに対する「免疫力強化政策」が行われていたけど ⇔ ウイルスに対する抵抗力 (免疫力) にも個人差があるため・・という内容を載せて見ました。https://www.asaobo.jp/news/604

ストレスに対する抵抗力、ウイルスに対する免疫力にも個人差がありますので、一概には言えない お話ですが、田中宇 氏のニュースによると、新型ウイルスに対するワクチン (抗体薬) 開発は1年ほどかかり、ワクチン副作用に関する検証期間も10数年かかるので、都市封鎖 (自粛政策) は「免疫力強化政策」の点には不向き。http://tanakanews.com/200416corona.htm
との事でした。

*あくまでも、これからする お話は不確かな情報です。昨今は マスコミ情報 も net 情報 も 湯呑みにできない時代に突入していますので、この情報も湯呑みにせづ、1人一人で「解読 / 判断』してもらいたいと考えています。

今の時期、そうした疑問は多く人々から冷たい視線を浴び、干されてしまうかもしれません。


(・・; 言う事はできないけど;

もうそうブログを用いて疑問を載せて見る事にしました。

net 上で、

度たび「こんな情報」を目にする事があります。


「例年の季節風インフルエンザの死亡者数は新型コロナウイルスの死亡者数よりも多い」


例年の季節風インフルエンザ死亡者数は、医師がインフルエンザと認定した数のみ、無自覚感染者や他の病状との併用など。例年のインフルエンザ感染者数は意外にも多いけど、これまでマスコミ報道でインフルエンザの感染者数が発表される事は少なかったといいます。

https://president.jp/articles/-/33053?page=2

(・・? 意外にも?
例年の現時点での季節風インフルエンザ死亡者数はコロナウイルス死亡者数よりも多い?
季節風インフルエンザにおいては「ウイルス告知」発表を多大にはしていなかったけど ⇔ 新型コロナウイルスにおいては、五輪延期の決定後に『ウイルス告知』発表を行うようになっている?


ー(・・? ー?→


ある発表を「する」⇔『しない』によつて、1人一人の受け止め方やストレスに対する抵抗力、免疫力にも個人差があると思います。

田中宇 氏のニュースにも、
これまで日本は、意図的か無意識か? 結果的に「ステルス集団免疫」政策を行っていましたが、五輪延期の決定後、政策の方針転換 → 感染者の検査 / 発表を行うようになっている。http://tanakanews.com/200416corona.htm

↑とありました。

テレビ

 4月ある日の発表 →

「沖縄県では6人のコロナ感染者 ⇔ 東京都では102人のコロナ感染者が発見」


4月その翌日発表 →

『沖縄県では5人のコロナ感染者 ⇔ 東京都では104人のコロナ感染者が発見』


(・・? 沖縄島の面積は東京島よりも大きく、沖縄県の面積は日本島の東端 ~ 西端ほど。また、県外・国外の観光客数も全国比率は高いように思います。


「沖縄県 (6人) と東京都 (102人) 』1日の感染者発表数の差が大きすぎるようにも見えます。


ー?→


ある発表を「する」⇔『しない』によつて、人々の受け止め方、行動力など。ダイブ替わるようにも思います。

(・・?  どうしてマスコミは? ウイルス告知の発表を「する」⇔『しない』使い分けをしているのか?

人々の免疫力を下げないためなのか? それとも? 不安を助長させているのか? まだ発売していないようですが、田中宇 氏は本を予約発売するようです。

感染爆発・新型コロナ危機:パンデミックから世界恐慌へ990円Amazon

関連しているかも? 情報 →

危機を煽るマスコミの共認支配?

★何でマスコミがそんなことをするか?
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2020/04/9977.html#more

*あくまでも、この お話も不確かな情報。昨今は マスコミ情報 も net 情報 も 湯呑みにできない時代に突入していますので、この情報も湯呑みにせづ、1人一人で「解読 / 判断』してもらいたいと考えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です