芋の島 その3

前回お話では、
サツマイモを普及させた人々は意外にも取締り対照の2宗 (衆) 関係者? と説を考えて見ました。

ー(・・? ー?→

「取締り対照者」が『取締り対照者』を取締る仕組み?

江戸幕府は、公家諸法度武家諸法度・寺家諸法度といった法度 (禁令) を出し3家の統制政策していました。

中でも、一向宗 (衆) 徒やキリスト教徒は浄土 (あの世) 的 / 殉教的な考えを持て反乱する事もあり、時の権力者は2宗 (衆) 関係者を恐れていたようです。

そのため徳川家康は、一向宗を「東本願寺」と『西本願寺』に分別した説も。

ー(・・? ー?→

関連かも情報

ー↓ー↓ー

ー 寺請制度 ー
寺家は幕府の体制下に組込まれる事によて「経済的安堵」を得た物の『宗教的基盤』を失た。寺請制度は思想管理 → 戸籍管理 ← パスポートや市役所の役割もし、寺家の統制策と切支丹禁策を端緒にしていたといいます。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


前田利右衛門 (リエモン) は、
薩摩の山川港 (いま指宿市) の海運業者 / または漁師で。山川港ザビエル上陸港と知られています。

(・・? 前田 → 利?
関連してるは解りませんが、その昔、豊臣秀吉のバテレン追放令に従わなかた摂津国の切支丹大名・高山右近は、加賀国の外様大名・前田利家に一時保護された事も。

前田利右衛門前田利家? 名前が似ている?

海運業者の前田利右衛門は国禁を犯して琉球に渡て → 儀間真常が沖縄島に広めていた唐芋を日本に運ぶ → 後ほど、青木昆陽リエモン芋小石川薬園で栽培。

ー!?→

(・・! 実は!?
儀間真常は一向宗 (衆) 徒で、日本 (薩摩) から琉球に「木綿」と『住吉信仰』を持ち帰っていました。

後ほど、真和志間切垣花村は → 小禄間切儀間村と湖城村に分別。

(・・? 今では不思議お話?

江戸に『住吉信仰』を普及させたのも摂津国佃村の漁師たちで、彼らは一向宗 (衆) 徒が多くいたという。

摂津国佃村の漁師たちが最初に住んでいた村は小石川で、仕事場は日本橋小田原町 / 魚河岸 (うおがし) にあったと云われています。

小石川村に住んでいた摂津国佃村の漁師たちは、後ほど、佃島 (人工島) や南小田原町 (いま築地) を築島 / 移住した人々もいたという。
*本小田原町 → 日本橋小田原町 ⇔ 南小田原町 → 築地町に。

佃島 (人工島) のとなり → 甲州街道沿い『明石町・築地 (南小田原町)・浜離宮』があり、その前身は小田原の後北条氏の残党 (同心) たちと縁ある地と云われています。

甲州街道を整備したのは、豊臣秀吉と徳川家康による小田原征伐の敗者・後北条氏の残党 (同心) → 主に、信濃国と甲斐国の関係者 ←「武田衆」が多くいたといいます。

甲斐国・武田信玄の妻も一向宗 (衆) と縁があったという。

目 武田衆一向衆 ひらめき電球 かつて2衆は徳川家康を最も苦しめた衆と語られています。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

日本橋小田原町で生まれた青木昆陽の祖先は摂津国佃村の漁師。のち、青木昆陽は祖先が最初に住んでいた小石川村 / 小石川薬園でサツマイモを栽培していた。

ー(・・? ー?→

当時、キリスト教と一向宗 (衆) の取締り風が吹き始め。南九州はその風強く ⇔ 小田原の後北条氏の里はその風弱い傾向。

小田原の後北条氏の里に「小さな日向?」『小さな石川?』切支丹坂も。
古文献では南九州の総称として日向
(・・? 摂津国 長音記号2 加賀国は一向宗 (衆) の拠点で、後ほど、加賀国は「前田の里」→『石川の里』に。
小石川区役所は小石川区同心町に。ほか、小石川区諏訪町・小石川区掃除町など。伝通院を由来町名があったという。

(・・! 伝通院は信濃国の善光寺と通じていました!?

善光寺「宗」の中の『衆』と縁。

小石川区は、加賀国の一向衆と摂津国佃村の漁師、小田原・後北条氏の残党 (同心) たち ≒ 武田衆とも縁ある里。かつて武田衆と一向衆は徳川家康を苦しめた衆。

(・・? 「」の中に『』?

デジャブる (既視感) して来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です