謎のタマぐすく

ある日、
テレビ サスペンス劇場を見ていたら、
船越氏が出て来ました。

船越氏は事件の謎解き案内人として登場するケースが多いです。

 ー?→


船越 (ふなこし) という「人名」は沖縄方面では ほとんど見かけませんが、

『地名』としては 旧・玉城村に存在します。
玉城 (たまグスク) の玉は霊魂 (マブイ) を意味し、旧・玉城村 (いま南城市玉城) は琉球開闢神話の地として知られています。


ー・→

英祖王統の4代・玉城 (たまぐすく) 王は、即位前に玉城村を領地としていました。

玉城村の語源は玉城 (たまグスク) 城

ご迷惑をおかけします 今日では ご迷惑をおかけします
地名や人名になっているので「玉城城」→ 『城城 (ぐすくグスク) 』と重複記載されていますが、本来の呼び名は玉城 (たまグスク) という城 (グスク) であったようです。

沖縄のグスク群には、集落の霊的グスク、要塞の軍的グスク てんびん座 霊的と軍的の両色グスク 等 ありますが、玉城 (たまグスク) は沖縄のグスク群の中でも非常に霊力の強い城 (グスク) と云われています。

ー(・・? ー?→

例えばあの時、
舜天王統
の3代・義本王は天日子 (てだこ / 英祖王) に王位を譲った後、玉城村焼身自殺を図ろうとしていました。ところが 雨 玉城村に到着後 雨 雨が降って来て死ぬ事ができづ、再び沖縄島を北上 →

島の各地を 「転てん」 → 沖縄島の最北端・国頭村辺戸の安須森御嶽 (あすむいウタキ) でヒッソリと暮らしたといいます。

そのため、安須森御嶽のすぐ近くに義本 (ぎほん) 王のお墓があるようです。


ー?→

中山国 (琉球国) の王統 → 舜天王統 (3代) → 英祖王統 (5代) → 察度王統 (2代) → 第一尚氏王統 (7代) → 第二尚氏王統 (19代) 。

↑上記の5王統↑すべての王朝交替 (政権交代) 時に、玉城 (たまグスク) の霊的関係者が何らかの形で関与しています。

ひらめき電球玉城 (たまグスク) は沖縄のグスク群の中でも非常に霊力の強い城 (グスク) !?

https://ja.m.wikipedia./たまグスク



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


1度目の文永の役(1274年)、2度目の弘安の役(1281年)という元寇 (蒙古襲来) が起きていました。

英祖王 = 天日子 (てだこ / 英祖王)




━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━



中国大陸を支配した「元」が『高麗』→『日本』にも進入して来ました。
英祖王の四男・玉城 (たまぐすく) 王が生まれ、後ほど、玉城村を領地としていたようです。

玉城村にある玉城・糸数城・垣花城・ミントン城・船越城など。13~14世紀ころ築かれ、すべて、英祖王統の4代・玉城 (たまぐすく) 王の兄弟子孫による城 (グスク) 群だと云われています。

いわば ひらめき電球 玉城村英祖王統の残党、重要な拠点になっていました。そうした玉城村にある城 (グスク) 郡から、中国産陶磁器ほか、カムイ焼や肥前国西彼杵郡 (にしそのぎグン) にある大瀬戸町と類似の『滑石製石鍋』や鉄など。出土しているようです。


ー?→

西彼杵郡 (にしそのぎグン) は肥前国の南西部。

ー!?→

西彼杵郡のとなりは高来郡 (たかきグン) になっていました !?

高来郡の名前は てんびん座 高麗 (こうらい) にも似ています。

西彼杵郡高来郡 周辺は、鎌倉時代の元寇後、宋の文明や高麗の文明も流入し、中・朝・日の折衷文明が始まっていたようです。

ー!?→

(・・! 驚きべく事?!
高来郡の中に『船越村』があり !? 後ほど、船越村諫早市に吸収合併。とのこと。

諫早市高来町には曲線橋


ご迷惑をおかけします 関連情報 ご迷惑をおかけします


ー↓ー↓ー

1502年 / 中国は明代 / 日本は室町時代

天女橋 (曲線橋) が首里城北側の円鑑池に築かれていました。https://asakobonobulogu.ti-da.net/e9542821.html

天女橋 (曲線橋) を渡ると→
朝鮮から贈られた「高麗版大蔵経 (方冊蔵経) 」を納めるための経堂があったといいます。https://ja.m.wikipedia./天女橋

実は !? 
その高麗版大蔵経 (方冊蔵経を得た時代の仲介人は、高来郡船越村出身の人物でした。
↑その人物の名前は早田左衛門太郎
https://kotobank.jp/word/早田左衛門太郎

カゼ 薄うす感じる事;



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

英祖王統の5代・西威王は玉城 (たまぐすく) 王の子で、玉城村と縁ある国王でしたが →

後ほど、察度王統 (2代) に譲り (亡ぼされ?) ます。

その後、察度王統 (2代) を滅ぼした尚巴志 (第一尚氏王統) は 英祖王統 (5代) と縁があった玉城 (たまグスク) 勢力を活用したと云われています。

尚巴志玉城村のとなり → 佐敷町で生まれていました。

旧・玉城村 と 旧・佐敷町 は市町村合併により南城市に。

尚巴志が生まれた 旧・佐敷町 にも、英祖王統 (5代) の時代に起きた政変 (元寇) と関連しているのか? 思える名称が存在します。



━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━


夜の街5世紀末 流れ星
新羅は慶州盆地の丘陵に『月城 (ウォルソン) 』と呼ばれる6王城を築いた。この盆地には喙部、沙喙部、牟梁部、本彼部、習比部、漢岐部と称する6地域(新羅六部)があり、それぞれ自律的な政治集団を形成しつつ、対外的には王京人として結束するという連合体を形成した。https://ja.m.wikipedia./新羅

夜の街 月城 (ウォルソン) と呼ばれた6王城は新羅の首都・金城 (クムスン / 慶州) にあったようです!?

新羅は古来より「仏教王国」であると同時に『金 (カニ / 鉄類) 』の産出地として知られ、新羅系の製鉄技術者は日本で『鉄の民』と呼ばれ。また、「新羅 (シルラ / しらぎ) 」となる前は『斯羅 (シル / しろ) 』と国称していたので、日本でも、白国、白山、白髭などが縁ある名前と云われています。

またまた、
新羅の前身は「辰韓 (秦韓) 」で、秦氏と呼ばれた人々の拠点でもありました。

ー?→

(・・? 秦氏いうと?
古文献等では「絹や酒」にまつわる伝承が多く見られますが、数でいうと、秦氏『金 (カニ / 鉄類) 』に関する『鉄の民』と非常に縁深いという説もあります。


ー?→

後ほど、新羅王朝 (仏教王朝) から分裂する形で高麗王朝 (仏教王朝) が誕生します。



━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━



文永の役(1274年)と 弘安の役(1281年)という2度の元寇です。


         ー↓ー↓ー

九州島の北部には元寇防塁と呼ばれる半月形の月城 (つきしろ / 築城) があり 夜の街 元寇の進入を防いでいたといいます。


         ー↓ー↓ー


時代は下り戦国時代ころ、
かつて元寇防塁月城 (つきしろ / 築城) していた早良区に小田部城 (別名・月城) を月城 (つきしろ / 築城) していたという。


         ー↓ー↓ー

豊臣秀吉の時代には、
かつて 夜の街 新羅の首都・金城 (クムスン / 慶州) にあった月城陶窯で学んだ1部の陶工たちが来日し、後の伊万里焼にも影響を与えた? 云われています。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

(・・; 時代はダイブ飛んでいますが;
朝鮮陶工たちの来日伝 ← 類似お話は てんびん座 もつと古く、高麗陶工たちの来日伝 あった説もあります。

朝鮮陶工たちの来日伝 ← 戦国時代ころ、

高麗陶工たちの来日伝 ← 鎌倉時代ころ。


ー (・・? ー?→

目 尚巴志が生まれた 旧・佐敷町も 夜の街 半月形の月城 (つきしろ) ? 形に見えます 目

目 佐敷町の中心地に つきしろの宮 目

佐敷城 (さしきグスク) ≒ つきしろの宮

つきしろの宮」はが依 (よ) り付く代 (しろ) → 依代 (よりしろ / 憑代) を意味し てんびん座 太陽 (てだ) が依 (よ) り付く代 (しろ) →『てだしろ』と対になっていたようです。
夜の街 てんびん座 晴れ

ー (・・? ー?→

たまタマなのか?
目 月代 (つきしろ) の町の形は 夜の街 月城 (つきしろ) の形と似ているように見えます  目


ー (・・? ー?→

ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします

1度目の文永の役(1274年)、2度目の弘安の役(1281年)という元寇 (蒙古襲来) が起きていました。

英祖王 = 天日子 (てだこ / 英祖王) 

↑そうした政変時代、朝鮮半島や日本列島の各地人々が玉城村に落ち延びて来たのか? 思えて来ました。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中

九州島の北部には元寇防塁と呼ばれる半月形の月城 (つきしろ / 築城) があり 夜の街 元寇の進入を防いでいたようです。が ⇔ その西方はどうだったのでしょうか? 思います。

  → 夜の街 ー 晴れ →


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です