グローバるの先輩 その3

その2お話 では、

13世紀頃、モンゴル人の兄弟と身内がユーラシア大陸の大半を支配し、商業網を築いたこと。その源泉にはペルシア的な手法が見られた事について考えてみました。
 
ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
   おさらい →



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



【時の中国政府は元朝】
日本は鎌倉時代ころ、元朝を筆頭に → オゴタイハン朝・チャガタイハン朝・キプチャクハン朝・イルハン朝など。モンゴル人がユーラシア大陸の大半を兄弟や身内で支配した時代がありました。
5つモンゴル帝国は主にムスリム商人たちを活用したので 長音記号2 東洋と西洋の商業ネットワークを結び付けたといいます。

ひらめき電球 中でも!? イルハン朝は昔、ササン朝 (ペルシア帝国) があった地域。

中国福建省の泉州イルハン朝ホルムズ海のシルクロードの起点に。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


5つモンゴル帝国が東洋と西洋の商業ネットワークを結び付けた事 長音記号2 それはあまり目立たないけど、その事を知るのは今日の世界情勢とか? とても大切に思えて来ました。

   ―↓―↓―

(・・? モンゴル? いうと?
外モンゴル、内モンゴル、遊牧民? お相撲さん? 8百? あまり世界的な物とは結び付きませんが、
世界史の始まりは13世紀の5つモンゴル帝国~スタート 自転車 云われています。

―(・・?―?→

今日のモンゴル人いうと?
外モンゴルと内モンゴルの住む人々を思い浮かびますが ⇔ それだけではなく、13世紀は5つモンゴル帝国の継承国家や人々は今日でも世界のあちこちに多数存在しているといいます。

ご迷惑をおかけします 例えば ご迷惑をおかけします
キプチャクハン朝 (モンゴル帝国) には、その昔、ペルシア系の人々が住み → しだいにテュルク系のキプチャク族が住むように。後ほど13世紀にチンギスハンの長男・ジョチのウルス (所領) になったといいます。
*ジョチウルス→キプチャクハン朝

キプチャクハン朝 (モンゴル帝国) の
10代皇帝・ウズベクハン はイスラム教徒になったといいます。


そのウズベクハン (モンゴル皇帝) に倣ってイスラム教徒になったモンゴル人たちは『ウズベク人』と呼ばれるようになり、いつの日かキプチャクハン朝 (モンゴル帝国) はウズベキスタンという国になり。後ほど、ウズベキスタン ~ カザフスタンという国に分離したようです。

スタンはペルシア語の『スタン (国・地域) 』を由来し、中央アジアにはスタンの国が多数見られます。

注意 実際ウズベキスタンにはテュルク系の民族が多数を占め、ウズベクハン (モンゴル皇帝) に倣ってイスラム教徒になったウズベク (モンゴル) たちもテュルク系民族に同化。← その同化手法は古代のペルシア帝国 (アケメネス朝) を由来しているように思います。

そのほか、
同じくテュルク系の民族が多く住むトルクメニスタン、ペルシア系のイスラム教徒・タジク人が多く住むタジキスタン、

アフガニスタンは、
「アフガン (山の民) 」+「スタン (国・地方)」で「アフガン族の国(山の民の国)」という意味。

パキスタンは、
インド的でペルシア的、モンゴル的な文明と縁ある国であるようです。← その昔、パキスタンの地にはモンゴル帝国の復活を目指すムガル帝国 があったと云われています。


ひらめき電球ムガルはペルシア語のムガル (←モンゴル) を意味し、ムガル帝国 (←モンゴル帝国) の復活を目指す国がパキスタンの地にあった? いいます。

そのほか →
ロシア方面にもモンゴル民族がいるといいます。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


内容は複雑していますが、
昔の文献では「オゴタイハン国 / オゴタイハン朝」等と表記されていたけど、今日では『オゴデイウルス』に。 


目 モンゴル視点では 目
キプチャクハン朝 (長男の所領) → ジョチウルス、チャガタイハン朝 (次男の所領) → チャガタイウルス、オゴタイハン朝 (三男の所領) → オゴデイウルス、イルハン朝 (孫の所領) → フレグウルスという表記が正しい。といいます。

チンギスハンの長男・ジョチ、次男・チャガタイ、三男・オゴタイ、四男・トルイの子・フレグイルハン朝 (今日ではフレグウルス) を建国。といいます。
 
(・・? 詳しくは解りませんが?
モンゴル語のウルスはテュルク語の地域や都市を意味するウルシュを語源とされ、ウルスは組織 (チーム) ではなく集団 (グループ) 。

モンゴル帝国には全体を統治する中央政府はなく、多数のウルス (所領) の集合であった。また、ウルスは西洋的な領地と領民がSetになった国家観とは異なり、「領地」を失っても『領民』を失っていなければウルス (所領) は存在する。遊牧的な風習をしていたようです。

モンゴル帝国は当時は「大モンゴル=ウルス」つまり「大モンゴル国」と言われていたが、やがて領土が子や孫に分与されると、それぞれが「ウルス」として分離し、モンゴル帝国はウルスの連合体という形態となった。後の中国を支配した元も正式には大元ウルスといった。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


日本でも お馴染み →
元朝 (大元ウルス) を建てたフビライハンはチンギスハンの孫で てんびん座 四男・トルイの子。

 

フビライの弟はイルハン朝を建てたフレグ
2者は協力関係にあったので てんびん座 ユーラシア大陸の東西で商業網が整備。という経緯もあったようです。
中国福建省の泉州イルハン朝ホルムズ海のシルクロードの起点に。

ひらめき電球

(・・? モンゴル帝国について調べて見ると?
ペルシア的な物、テュルク的な物が多数見られるように思います。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


アフガンハウンド はアフガニスタンの犬で、世界最古の犬と云われています。
 

そのアフガンハウンドはサルーキ (ペルシアハウンド) の改良犬で、アフガニスタンの山 (寒冷な高地) を原産地としているようです。


ご迷惑をおかけします 今日では ご迷惑をおかけします

モンゴル? アフガニスタン? 多くの人々の関心を忘れられているけど 長音記号2 東洋と西洋の商業ネットワークの非常に重要な役割をしていた (いる) 地とも云われています。




ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー




16世紀前後に作られた西遊記 / 孫悟空の物語は、
7世紀 / 代の実在人物と架空動物を組合わせたフィクション。1978年、日中平和友好条約が締結した年のイベント的に、日本でも 西遊記 の複写版ドラマが製作され、大ヒットしていたようです。

石 (いし) から生まれた孫悟空の生い立ちから始まる。天界から追放されて500年後、三蔵法師・玄奘 (げんじょう)、沙悟浄 (さごじょう)、猪八戒 (ちょはっかい) との出会いを経て天竺 (インド) への取経の旅をするという冒険活劇。旅中に遭遇するさまざまな厄難とそれに伴う三蔵一行の絆や成長を描く1時間の連続特撮ドラマ。

そのエンディング曲は ♪
ゴダイゴ (歌手) の『ガンダーラ

ご迷惑をおかけします 仏教には ご迷惑をおかけします
南伝仏教 (上座部仏教) と伝仏教 (大乗仏教) あり、
どちらかいうと、南伝仏教はインド的 ⇔ 北伝仏教はペルシア的であったと云われています。

北伝仏教ガンダーラ地方 (現・ペシャワール地方)  → 西域 → 中国 (東方) に伝わっていました。

(・・?  今では? !
ガンダーラ地方 (ペシャワル地域) いうと?! イスラム教国になっているけど、古くは仏教の聖地で、ペルシア文明とインド文明、ギリシャ文明の 交差点 になっており、日本の本格的な国家体制にも多大な影響を与えていたようです。

    ―↓―↓―

三蔵法師・玄奘 (げんじょう) は、
626年に国禁を犯し、秘密裏に長安を出発 → 19年後の645年に帰国

ひらめき電球

玄奘が帰国した645年といえば!?
昔の教科書では「大化の改新」、今の教科書では『乙巳の変』と記載。

日本初の元号は『大化』
645年 (大化元年) ~ 本格的な国家体制 ≒ 律令制の整備が始まっています →

―(・・! ―?!→

石 (いし) から生まれた孫悟空!?

7世紀 / 代の日本は飛鳥時代 ≒ 石 (いし) の時代!?  

飛鳥時代は仏教文化 / 石文化が普及した時代で、
蘇我氏の拠点・明日香村には、謎の石造物が多数。ペルシア人に似た謎の石人像があるようです。

    ―↓―↓―

7世紀 / 代 ~
東西交易ルートでは、ソグド語が商人たちの国際語となっており、三蔵法師・玄奘の通訳を勤めたのは胡人 ≒ ペルシア系ソグド商人
玄奘は北から遠回りの道のり (ルート) を辿った背景には、胡人 ≒ ペルシア系ソグド商人の手助け / ネットワークを必要としていたようにも思われます。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


三蔵法師・玄奘 (げんじょう) は、伝仏教 (大乗仏教) の聖地・ガンダーラ地方 (ペシャワル地域) を訪れる前に バーミヤン を訪れ、2体の巨大な石仏を目にした。と云われています。

残念ながら、
三蔵法師・玄奘 (げんじょう) がバーミヤンで目にした2体の巨大な石仏は、2001年9月11日に起きた 同時多発テロ (911事件) ころ、タリバンによつて破壊されてしまったようです。

 ー 関連情報 ー

はてなマーク

(・・? バーミヤンは?はてなマーク
中華料理レストランだけど ⇔ 店名はペルシア語を由来 / 語源としているようです。
バーミヤンはペルシア語で『洋の東西交流地 / 休息地』を意味していたようです。 

はてなマーク

ところで?!
の原産地は中国と云われていますが、を『E欧』に普及させたのはルシア系のソグド商人であったので、ラテン語 → 英語では、桃 (Peach / ーチ) 。その学名は Amygdalus persica てんびん座 語源はルシアを由来としているようです。



━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━



7世紀 / 代の西方には西突厥

西突厥 (とつけつ) は テュルク系 (トルコ系) の国ですが、その国の中のソグド地方にはペルシア系ソグド商人が多く、彼らはペルシア由来の祆 (ゾロアスター) 教徒が多くいたようです。
*国の中に組?

ひらめき電球

ある本には、
西遊記のモデルとなった実在人物・玄奘 (げんじょう / 三蔵法師) の通訳を勤めたペルシア系ソグド商人は 石 (いし) から生まれた孫悟空のモデルで西突厥国はソグド地方のオアシス都市・石国 (タシケント) 出身の祆 (ゾロアスター) 教徒では?はてなマーク  載っていました。

 



━↓─━ドア─扉─ドア━─↓━



【石国】中央アジアの古都タシケント(現在はウズベキスタンの首都)の隋・唐代の中国名。シルダリア上流のオアシスに位置する。

隋・唐の時代(6~10世紀)に中央アジアに君臨した西突厥「石国」など・・・名はチャーチ(転じてシャーシ)の音訳、オアシスを中心とする都市国家の呼称。13世紀ごろから、この都市はタシケント(トルコ語で「石の都市」の意)と呼ばれるようになった。唐代の石国というのもタシケントの訳語。タシケントは古代はイラン系民族の住地で、7世紀からトルコ人(西突厥)の勢力下に入り、この地を訪れた玄奘の『大唐西域記』にも記録されている。10世紀にはサーマーン朝、カラ・ハン朝の領域に入って、しだいにトルコ・イスラム化し、13、14世紀にはチャガタイ・ハン国領、15世紀にはティームール帝国領となり、以後、タシケントの都市名が定着し、明朝では「達失干」と書かれた。16世紀以降、オイラート人、ウズベク人、カザフ人の争奪地となり、18世紀後半にはカザフ人を撃退したコーカンド・ハン国領となった。このころ、タシケントは商業の要地となり、ロシア人、カザフ人、コーカンド人が物資を集散した。19世紀後半、帝政ロシアに征服され、シルダリヤ中流域の行政・経済の中心となった。[佐口 透]

―(・・! ―?!→

ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
石 (いし) から生まれた孫悟空!?

7世紀 / 代の日本は飛鳥時代 ≒ 石 (いし) の時代!?  

飛鳥時代は仏教文化 / 石文化が普及した時代で、
蘇我氏の拠点・明日香村には、謎の石造物が多数。ペルシア人に似た謎の石人像があるようです。

ー;→

(・・; 毎度こと;
内容はごちゃごちゃしていますが、
ソグド地方のオアシス都市・石国 (タシケント) は、今日のウズベキスタンという国にあるようです。

ウズベキスタンの語源は、
キプチャクハン朝 (モンゴル帝国) の
10代皇帝・ウズベクハンを由来し、彼はイスラム教徒になったといいます。



竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です