グローバるの先輩 その2

今では信じられない お話ですが、
その昔、モンゴル人の兄弟や身内がユーラシア大陸の大半を支配し。結果的にも 長音記号2 東洋と西洋、国と国、組と組の間の経済網 / 駅伝網? 築かれた時代があった。云われています。



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



【時の中国政府は元朝】
日本は鎌倉時代ころ、元朝を筆頭に → オゴタイハン朝・チャガタイハン朝・キプチャクハン朝・イルハン朝など。モンゴル人がユーラシア大陸の大半を兄弟や身内で支配した時代がありました。
5つモンゴル帝国は主にムスリム商人たちを活用したので 長音記号2 東洋と西洋の商業ネットワークを結び付けたといいます。

ひらめき電球 中でも!? イルハン朝は昔、ササン朝 (ペルシア帝国) があった地域。
ホルムズという港が重要な商業ロードになっていたようです。

中国福建省の泉州イルハン朝ホルムズ海のシルクロードの起点に。


―?→

ご迷惑をおかけします 上記文は昔お話ですが ご迷惑をおかけします
 (ナショナる) と  (ナショナる) の関係や海賊問題ほか →  (グローバる) と  (グローバる) の関係を考える時に知っておいた方が良いように思う事がありました。


―(・・? ―?→

記事の内容 とは異なりますが、

昔も今も てんびん座 ペルシア方面 / むかしイルハン朝があったホルムズという海域で、国 (ナショナる) と 組 (グローバる) の関係が存在しているようです。


―?→


詳しくは解りませんが、

ホルムズという海域は、各国の商船やエネルギー運搬船の重要なポイントになっているけど、そこには、 (ナショナる) とは ほぼ無縁なグローバる海賊たちが出没し、各国の商船やエネルギー運搬船を襲う問題が発生。その問題に対して、中国 (ナショナる) と 日本 (ナショナる) はどのように協力するべきか? とか、日本は 米国 (ナショナる) と イラン (ナショナる) の関係をどう思うのか? また、米国はトランプ政権ころ ~ 自国でシェールガスを産出できるようになり、従来ほど中東の石油に頼らなくとも・・? とか。サウジアラビアと米国の関係など。問題があるようです。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中



昨今の問題は よく解りませんが、

自分が気になった事は、いったいなぜ? 昔のモンゴル帝国は、あんなにも大きな広域国家を築く事ができたのか? 当時から? 国 (ナショナる) と 組 (グローバる) の不思議な関係が存在していたのか? など。不思議があります。


「軍的エネルギー」ほか  てんびん座『霊的エネルギー』を持って、昔のモンゴル帝国は あんなにも大きな広域国家を築いたのでは? 思う事がありました。


―(・・? ―?→


昔のモンゴル帝国は、チンギス・ハンという人物からスタートとし。そのチンギス・ハンという名前は、チンギス (光の神) + ハン (君主)  →『光の神の王』を意味しているようです。


(・・? なんとなく? 

その音色 (光の神の王) は 目 古代ペルシア帝国 (アケメネス朝) の 光明神アフラマズダを由来しているようにも見えます 目


海のシルクロードの起点・イルハン朝ホルムズという名前も、当地の言葉でゾロアスター教光明神アフラマズダを意味しているといいます。


ひらめき電球

光明神ホルムズを由来とするイルハン朝は、

むかしササン朝 (ペルシア帝国) があった地域で てんびん座その ササン朝 (ペルシア帝国) は もっと昔の アケメネス朝 (ペルシア帝国) を模した王朝。


ササン朝では、

与党・ゾロアスター教 ⇔ 野党・マニ教の関係にありましたが、後ほどササン朝は、イスラム教国に亡ぼされていました。


―?→

ご迷惑をおかけします もう一度 ご迷惑をおかけします
中国福建省の泉州イルハン朝ホルムズ海のシルクロードの起点になっていたようです。

ひらめき電球

福建省の泉州マニ教の里になっていました。
マニ教ゾロアスター教を主軸に → 西洋的なユダヤ教とキリスト教 → 東洋的な仏教を組み合わせたグローバる世界宗教と云われています。

一説によると、
イスラム教はマニ教をお手本に成立? という説もあります。

―(・・? ―?→


内容は複雑していますが、

昔のモンゴル帝国の時代にも、中国福建省の泉州イルハン朝ホルムズ海のシルクロードの起点に 長音記号2 イスラム教のムスリム商人たちが 長音記号2 東洋と西洋の商業ネットワークを結び付けていたと云われています。




ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



アケメネス朝 (古代ペルシア帝国) の隣にはポリス世界というギリシア人が住む複数の都市国家がありました。
アケメネス朝 (ペルシア帝国) はギリシア系の人々が住む都市国家 (ポリス世界) に度たび進入し、戦争にも発展しました。

ペルシア戦争とき、マラトン が マラソン (伝令) をした。と事はよく知られています。

アケメネス朝のペルシア人は『征服 / 支配』したギリシア人の文明や信仰を吸収する寛容策を行いました。
*ペルシア人のギリシア化

ー・→

後ほど、ポリス世界とは異なるギリシア人の国・マケドニア王国 の  アレキサンダー大王東方遠征 (ペルシア遠征) 』を行い →  アケメネス朝 (ペルシア帝国) を亡ぼし → さらに領土拡大をして行きます →
その時、マケドニア王国 のギリシア人は、亡ぼしたペルシア帝国の女性と政略結婚したり、征服 / 支配したペルシアの文明や信仰を吸収するという『寛容策』を行いました。
*ギリシア人のペルシア化


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


(・・? 同様に?
蒙古族も『征服 / 支配』した漢民族の文明を吸収する寛容策を行い、国名 (元朝) や公的文字を『漢字』にしたのでは? 思えて来ました。
*モンゴル文字の中国文字化?

―?→

(・・? イスラム教国も?
『征服 / 支配』した国群の文明を吸収? そのため拡大したように思います。



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



仏教王国・クシャーナ朝時代に、
ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダは阿弥陀如来 (梵名・アミターバ) に転訛したとも云われています。

奈良の大仏 (毘盧遮那 / ビルシャナ) も、
ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダインドではヴァイローチャナ (光明神) → 中国では毘盧遮那 (ビルシャナ) と呼ばれるように。

 ー?→

インド化したペルシア系民族 (月氏) が建てた国・クシャーナ朝は、同じくペルシア系民族の国・ササン朝に亡ぼされ → 吸収。

ー(・・; ー;→

7世紀半ばに入ると;
ササン朝 (ペルシア帝国) はイスラム教国に吸収されて行きます →

ササン朝 (ペルシア帝国) は、
ゾロアスター教 (与党) > マニ教 (野党) 』という関係になっていたようです。


奈良の大仏 (毘盧遮那 / ビルシャナ) も、ゾロアスター教の光明神・アフラ・マズダを由来とし、その時代には、ゾロアスター教のペルシア人宣教師・李密翳 (リ・みつえい) が来日。


ひらめき電球 奈良の大仏 (光明神・アフラ・マズダ) を発願した聖武天皇の妃は『光明皇后』でした。

―(・・? ―?→

昔も今も? 
グローバるの先輩はペルシア方面に?



竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です