グローバるの先輩 その1

ある日、
地球を侵略する宇宙人が次々とやって来ました。

その宇宙人たちは地球人の力では太刀打ちできない侵略者であった。そのため地球人たちは『光の国 (M78星雲) 』から救世主を呼ぶ事にしました。

救世主の名前はウルトラマン。

けれども、
地球を攻撃する侵略者サイドにもやむにやまれぬ事情があったので、そこには単なる『正義 VS 悪』という構図に収まらない深いテーマ性が存在し。危険な宇宙人 (怪獣) を生んでいるのは地球人という1面もあったといいます。

―(・・? ―?→

ウルトラマンは『光の国 (M78星雲) 』からやって来た宇宙人。

―♪→

光の国から♪ ぼくらのために♪ウルトラマン♪やって来ました。


―(・・? ―!?→


よく考えて見ると!?

彼岸 (ひがん) ≒ 向こう側 が『光の国』という事は? ⇔ 此岸 (しがん) ≒ こちら側 は「闇の国」を意味していました。
あの世は浄土 (光の国) ⇔ この世は穢土 (闇の国)

ウルトラマン (救世主待望論) の起源を辿ると? 

紀元前の ペルシア に たどり着く? 云います。


ご迷惑をおかけします 昔の中国政府 ご迷惑をおかけします
明 (みん) という国名は、

明 (マニ / 摩尼) 教 を由来。


明 (マニ / 摩尼) 教 の開祖は、ペルシア人のマニで、ユダヤ教+キリスト教+ペルシア由来の ゾロアスター教 と仏教の阿弥陀 (上生) 信仰と弥勒 (下生) 信仰を合わせて 明 (マニ / 摩尼) 教 を作りました。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/マニ教

ひらめき電球 明 (マニ / 摩尼) 教はグローバる宗教 ひらめき電球


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


初代 明 (みん) の太祖・朱元璋 (後の洪武帝) は、農民出身で白蓮教徒であった。

白蓮教は、弥勒教とマニ教 (明教) を混合したグローバる宗教。
* 白蓮教 ≒ スーパー明教

―?→

詳しくは解りませんが、

ペルシア由来の「ミトラス教 / ミトラ信仰」~『祆 (ゾロアスター) 教 と 弥勒教』が生まれ → 祆 (ゾロアスター) 教 ~ 明 (マニ) 教  → 『弥勒教 と 明 (マニ) 教』を合わせた『白蓮教 ≒ スーパー明教』。


そのため、白蓮 (びゃくれん) 教 と 明 (マニ) 教祆 (ゾロアスター) 教弥勒教は似ていました。

   ー↓―↓―

この世界は「明宗暗宗」の二宗あり、弥勒仏が下生 (現世に登場) して明宗暗宗に勝利すれば極楽浄土が出現すると説く教えであった。

明 (マニ) 教では、 
この世界は暗黒パワーでおおわれ、やがて 光明の化身「明王」が現れ、闘争の末に「明王」が勝利する。という「光明 Vs 暗黒」の二元論を唱え、

この世界は、光明神 (アフラ・マズダ) と暗黒神 (アンラ・マンユ) の闘争の場であり、最終的にアフラ・マズダが勝利する。という「光明神 Vs 暗黒神の二元論を唱えていました。

同様に てんびん座 弥勒教 もペルシア由来 →

ー?→


ウルトラマンにも『弥勒世果報 (ミルクゆがふ) 』の精神が含まれ 目 そのモデルはミルク様 (弥勒様 / 救世主) にも見えます 目

ミルク様 (弥勒様 / 救世主) は、
お釈迦様が亡くなった後、56億7千年後の未来に下生する未来仏。 

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/弥勒様

(・・? お釈迦様が亡くなって?
いまだ56億7千年には到達していませんので、ウルトラマンは『3分』のみ 宇宙 (未来) ~ 地球 (過去) に下生する未来仏。

【関連情報】
布袋様弥勒様の化身として「この世」に現れる来訪神 →

http://www.kt.rim.or.jp/~yami/hateruma/miruku.html 

弥勒様の化身は布袋様 
ウルトラセブンの化身は諸星ダン
目 見えます 目

―(・・? ―?→

内容は複雑しますが、
ウルトラマンの世界を東方アジアのグローバる時代に当てはめて見ました。



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



それは鎌倉時代の元寇ころ、
東方アジアではグローバる世界に揺れ動いていました。

【時の中国政府は元朝】
日本は鎌倉時代ころ、元朝を筆頭に → オゴタイハン朝・チャガタイハン朝・キプチャクハン朝・イルハン朝など。モンゴル人がユーラシア大陸を支配した時代がありました。

5つモンゴル帝国は主にムスリム商人たちを活用したので 長音記号2 ユーラシア大陸の商業ネットワークを結び付けたといいます。
イルハン朝は昔、ササン朝 (ペルシア帝国) があった地域。

『ホルムズ』という港が重要な商業ロードになっていたようです。

中国福建省の泉州海のシルクロードの起点にもなっており、蕃坊というムスリム商人たちの居留地もあったという。

福建省の泉州 ~ イルハン朝ホルムズを結ぶ海のシルクロードがあったといいます。

ー ひらめき電球 →

福建省の泉州マニ教の里でもありました。
イスラム教はマニ教をお手本に作られているとも云われ てんびん座 ともに商人たち重宝されたグローバる宗教でありました。

5つモンゴル帝国が広域国家になれたのは、霊的グローバる宗教の影響があったように思います。

ご迷惑をおかけします ここでは ご迷惑をおかけします
霊的 ≒ グローバる体質
礼的 ≒ ナショナる体質

霊的 ≒ 外交重視、商的
礼的 ≒ 内政重視、政的
考えて見ました。

―?→

歴代中国政府は、


『霊』に傾いた時代に領土を拡げ  ⇔「礼」に傾いた時代に領土を狭める。事を繰り返しています。



ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


歴代中国政府 →
→・・→ 唐朝 (漢民族) → 金 (満州族) ⇔ 宋 (漢民族) → 元朝 (蒙古族) → 明朝 (漢民族) → 清朝 (満州族) → 中華民国 (漢民族 / 国民党) → 中華人民共和国 (漢民族 / 共産党) に。
* 厳密には漢民族

大まかにいうと、
元朝は『グローバる体制』、
明朝は「ナショナる体制」、
は『グローバるナショナる」を敷いていたように思います。

―?→

今日newsでも テレビ
よく耳にするウイグル・チベット問題も、唐朝の時代から存在しているようです。
ご迷惑をおかけします 回鶻 (ウイグル) は ご迷惑をおかけします
民族的にはテュルク系だけど てんびん座 政治的にはペルシア系ソグド商人たちが普及させた官僚ノウハウを供えていたとも云われています。

テュルク系回鶻 (かいこつ / ウイグル) は、ペルシア由来のマニ教を国教としていました。
当初は、マニ教を国教としていた回鶻 (かいこつ / ウイグル) ですが、後ほど → イスラム化したので、 中国では、イスラム教徒回教徒と呼ぶようになったといいます。

ひらめき電球 そのイスラム教マニ教をお手本に作られているとも云われ てんびん座 ともに商人たちに重宝されたグローバる宗教でありました。
*マニ教イスラム教グローバる宗教!?

例えば、
ペルシア帝国・回鶻・唐朝・モンゴル帝国・オスマン帝国など。マニ教イスラム教を重宝した時代に広域国家を建設している事が解ると思います。
* 0123 (アラビア数字) を E欧に普及させたのもイスラム教のムスリム商人。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


元朝を筆頭に → オゴタイハン朝・チャガタイハン朝・キプチャクハン朝・イルハン朝など、
5つモンゴル帝国が広域国家を建設できたのは、商人たちに重宝されたグローバる宗教の活用も影響していたように思います。
 
西洋のローマ帝国と東洋の漢王朝ナショナる国家 てんびん座 その間にあったクシャーナ朝アルサケス朝 (パルティア国) はグローバる国家に思います。

西洋のローマ帝国天主教 てんびん座 と東洋の漢王朝儒教国教としていたようです。


ナショナる体質は政的 礼的
グローバる体質は商的 霊的

(・・? 複雑お話?
ナショナる体質とナショナる体質は反発し合い ⇔ グローバる体質とグローバる体質は反発し合う関係にあるといいます。

ナショナるのライバルはナショナる
グローバるのライバルはグローバる


グローバる体制の先輩はペルシアで、今日の『イランとイスラエルの関係』にも関連しているように思えて来ました。



ー↓─━ドア─扉─ドア━─↓ー



    ↑   マニ文字   ↑

マニ文字は ほぼ アラム文字で、ペルシア系ソグド商人が東方に伝播させた。云われています。

アラム文字は てんびん座 西へフェニキア文字 てんびん座 東へソグド文字 てんびん座 南へアラビア文字。へと進展して行ったといいます。
東方へは → ソグド文字 → ウイグル文字 → モンゴル文字 → 満州文字ペルシア系ソグド商人が東方に伝播させた。云われています。

  ⇔  7世紀前半まで、
胡人 ≒ 西域の商人 →  主にペルシア系ソグド商人が東西交易路で活躍していた云われています。

―?→

回鶻 (ウイグル) は民族的にはテュルク系だけど てんびん座 政治的にはペルシア系ソグド商人たちが普及させた官僚ノウハウを供えていたとも云われています。

当初、回鶻 (ウイグル) はマニ教を国教とし →
のち、イスラム化したといいます。

商人たちの世界では、
与党 (イスラム教) ⇔ 野党 (マニ教) に。


―;→

(・・; 内容はダイブ飛んでいますが;
元朝は回教徒ムスリム商人たちを活用して広域国家を建設していましたが、元朝の支配層はチベット仏教を信仰していたといいます。

今日newsでも テレビ
よく耳にするウイグル・チベット問題も、唐朝の時代から存在しているようです。

元朝チベットの関係は、
政治的には元朝 てんびん座 宗教的にはチベット、関係に。

チベット仏教の教主・ダライ·ラマの名称は、モンゴル語でダライ (大海) ラマ (師) を意味 てんびん座 元朝チベットには政治宗教の不思議ながあったようです。

ソグド文字ペルシア系ソグド商人が東方に伝播させた。云われています。

後ほど登場する () も 元朝 (蒙古族) の諸制度を模し、修正点を加え領土を拡大したといいます。

* ペルシアはグローバるの先輩


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中


元朝 (蒙古族) と  () の間にあった 明朝 (漢民族) 3代メ4代メの間に『霊』「礼」へのがあり、領土を狭めたと云われています。

―(・・? ―?→

大まかにいうと、
元朝は『グローバる体制』、
明朝は「ナショナる体制」、
は『グローバるナショナる」を敷いていたように思います。

も支配層はチベット仏教を信仰する王朝で、
は領土を「本部」『藩部』に分別し、
「本部礼的」 てんびん座『藩部霊的』という政治宗教の不思議なを持って領土拡大していたといいます。


―?→

 () の次に登場する中華民国 (漢民族 / 国民党) → 中華人民共和国 (漢民族 / 共産党) も  () 時代の領土を継承している事が今日のウイグル・チベット問題 news に関連しているようです。

 * ― * 

注意 请注意 
pay attention

* ただ1つ
気をつけなければ行けないお話は、 () の次に登場する中華民国 (漢民族 / 国民党) の時代 ~ 今日のウイグル・チベット問題 news に関連しているので テレビ 今日の香港・台湾問題 news とは分別して考える問題ですが、net 上には、この2つ問題を結び付け 長音記号2 必要以上な刺激情報を流す組織があるとも云われています。

ロボット その組織の背後には ゲーム CIA があるという。

 CIA は「国営機関 / ナショナる体質」ではなく『民営機関 / グローバる体質

 CIA (グローバる諜報機関) の前身は
東インド会社 (グローバる企業) 

その資金源は () の時代に登場する『アヘン (麻薬) 』と云われています。


ダンプカー―…ご迷惑をおかけします―…ご迷惑をおかけします工事中



カゼ「麻薬とcia」の関係は公然の秘密

あまり大きな声では言えませんが、Ciaは麻薬から生まれた。言っても過言はありません。
*麻薬品 ≒ Cia品

2つ問題を考える事は大切に思いますが、
今日のウイグル・チベット問題 てんびん座 香港・台湾問題の基を辿れば CIA (グローバる諜報機関) である事を忘れては行けません。

注意 net 上には
必要以上な刺激情報を流す組織が存在し ロボット その組織の背後には ゲーム CIA がある事もあるという。

(・・? 複雑お話?
ナショナる体質とナショナる体質は反発し合い ⇔ グローバる体質とグローバる体質は反発し合う関係にあるといいます。

(・・? 今日のイランとイスラエルの関係?
など。



竹。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です